サムスンのGalaxy Alpha:やっぱりiPhone風味なボディ

サムスンのGalaxy Alpha:やっぱりiPhone風味なボディ 1

気になるそのスペックは…?

出ましたよ。サムスンが新しく発表したGalaxyの新型「Alpha」。このカドが削がれたフレーム、遠目から見るとiPhoneと見間違ってしまいそうですよね。でも、どうやら中身はしっかりと独自の機能を備えているみたいです。

サムスンのGalaxy Alpha:やっぱりiPhone風味なボディ 2

今回発表された「Alpha」は既存のモデルGalaxy S5と比べて6.7mm薄くなっています。それに付随して、スペックの一部もややサイズダウンした模様。

例えば、ディスプレイはフルHD(1920×1080)ではなく1280×720のものが、CPUは最上級のSnapdragon 801の代わりにオクタコアチップが搭載されるようです。バッテリも、Galaxy S5より1,000mAh少ない 1,860mAhなので、充電器は常に持ち歩く必要があるかもしれませんね。

一方で、4Kヴィデオ撮影やサムスンのフィットネストラッカー「S Health」、指紋認証や、ウェアラブル端末との連携などの機能はしっかり備わっています。もちろんグーグルが提供する標準的なアプリは一通り使えるようです。

カラー展開はブラック、ホワイト、ゴールド、ブルーの4色で、9月には米国での発売が開始される予定とのこと。価格もまだアナウンスされていませんが、位置づけとしては「ややリーズナブルなGalaxyのエントリーモデル」となるようですね。

なお日本での発売時期は未定です。それにしてもiPhoneに似てるなぁ…。

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(daiya)