かけ忘れる心配なし。スマホで解錠できるドアロック「Genie Smart Lock」

140801lock-01.jpg

あらゆるシーンにスマートフォンが必須。

若い頃は、部屋の中に見られたくないものがあったりすると「ドアにロックを掛けられたらな」と思ったものです。誰かが入室したか気になって、ドアのちょうつがいにシャーペンの芯を入れていた人もいるようですし。ですがこれからは鍵の管理もスマートフォンの時代。この「Genie Smart Lock」を設置すれば、世界中のどこからでもスマートフォンで鍵の開け閉めができるようになります。

140801lock-03.jpg

Genie Smart Lockでは、Wi-FiやBluetoothでペアリングしたスマートフォンが鍵代わり。キーを共有したい人がいる場合には、Bluetoothキーを共有することもできるようになっています。また、入退出の記録も残るようになっているそうなので、前述のようなトラップを仕掛ける必要もなくなるわけです。

そしてもう1つの大きな特徴が、バッテリ。これまでの似たようなスマートロックシステムは平均1ヶ月ほどのバッテリライフしかなかったのですが、Genie Smart LockではBluetooth Low Energyを採用することで最大12か月のバッテリを実現しているんだとか。これはすごい進歩ですね。

140801lock-02.jpg

140801lock-05.jpg

万が一バッテリーが切れた時やスマートフォンを紛失した場合に備えて、普通のアナログキーを準備しておいたり、ウェブサイトから解錠することもできるそうです。すべてデジタル任せにしないで、アナログでも管理できるというのは安心感がありますね。

Genie Smart Lockは現在プレオーダ受付中で、価格は249ドル(約2万5,000円)。最近ではホテルブランドのヒルトンが、ルームキーの代わりにスマートフォンを使うテクノロジーを開発中と発表していますし、スマートロックはこれからのスタンダードになっていきそうな予感がしますな。

source: gizmagCNET

(今野愛菜)