貼るだけでどんなモノでもスマホと連携できるようになるステッカー

140822_estimote.jpg

生活を一変させそう。

iBeaconはiOS 7にも標準で対応している、低電力なBluetooth LEを使って通信する仕組み。スマートフォンなどと通信することで、設置している店舗のセール情報をプッシュ通知してくれる使い方が代表的ですよね。アメリカ国内のアップルストアでもすでに導入されています。

Estimoteはこの技術を使い、家の中から街中の店舗まで、あらゆるモノや場所に付けておくことができる「Estimote Beacons」と「Estimote Stickers」を開発しました。

Estimote BeaconsとStickersの中には、ARMプロセッサとメモリ、Bluetoothスマートモジュール、温度センサと加速度センサが内蔵してあります。そのビーコンをスマートフォンやタブレットが読み取ることで、ビーコンの位置や方向、温度などを個別に管理できるんです。財布など失くしそうなものに付けておけば、場所を教えてくれる「Stick-N-Find」と同じような使い方もできそう。でも、こちらは場所はもちろん、もっとリッチなデータを扱うことができるんです。

140824ibeacon00.jpg

例えば寝室に付けておくと、ユーザが枕元に置いているスマートフォンがそのビーコンを読み取り、朝になると目覚ましを起動して今日の予定を通知してくれます。花瓶に付ければいつ水やりをしたかを教えてくれ、ショップで販売している靴に付けておけば、手に取られた回数を計測してくれるなど、用途は無限大。開発者向けのSDKを使えば、モバイルアプリ開発者は簡単にこのビーコンを使った機能を自分のアプリに導入することもできます。

BeaconsとStickers の違いは大きさとバッテリの容量。少し大きなBeaconsは小売店や美術館、空港などでの使用を想定されており、3年〜5年間持つバッテリが内蔵されています。小型のStickersの方は自転車や靴、ノートパソコンなど身の回りのものに付けておくことができ、バッテリの持ちは約1年間。どちらもiOSとAndroidに対応していますよ。

140822_estimote1.jpg
左がBeaconsで、右が貼付けることができるStickers。

値段は3個のBeaconが入った開発者向けキットが99ドル(約1万円)で、10個のStickerが入った開発者向けキットも同じく99ドル(約1万円)。予約販売をwebサイト上で開始しています。Beaconsはすでに配送を行っており、Stickersは今年の10月より届け始められる予定。

既にIT企業のCiscoやいくつかの美術館は、このビーコンを試用しているみたいですよ。経営者でなくても、個人で気軽にモノに貼付けるだけで使え、モノのインターネットの火付け役ともなりそうなこのガジェット。今までの生活をガラッと変えてくれるかもしれません。

source: Estimote via Cult of Mac

(徳永智大)