アップル、一部のiPhone 5のバッテリーを無償修理へ

アップル、一部のiPhone 5のバッテリーを無償修理へ 1

シリアル番号で確認を。

アップルはiPhone 5のバッテリー駆動時間が急に短くなる、もしくは頻繁に充電が必要になるなどの現象に対応する「iPhone 5 バッテリー交換プログラム」を発表しました。

該当するiPhoneは、

2012年9月から2013年1月の間に販売され、シリアル番号が特定の範囲内にあるiPhone 5

とされており、iPhone 5のごく一部であるようですが、該当する製品に関してはiPhone 5のバッテリーを無償で交換するとしています。交換手続きの開始は国によって異なりますが、日本の場合は8月29日から開始。対象のiPhone 5のバッテリーをすでに自費で交換された方には返金措置などもあるようです。

アップル、一部のiPhone 5のバッテリーを無償修理へ 2

対象製品はプログラムの告知ページから、iPhone 5のシリアル番号を入力することで検索することができますよ。

アップル、一部のiPhone 5のバッテリーを無償修理へ 3

シリアル番号は「設定」>「一般」>「情報」とタップして表示。長押しでコピーできるので、そちらの番号を交換プログラムの検索欄に貼り付けて「送信」を押しましょう。

iPhone 5は以前にもスリープボタンが効きづらくなるという問題も発生しており、こちらも「スリープボタン交換プログラム」にて対応しています。iPhone 5ユーザーの方々は両方のプログラムの告知ページに一度目を通して、シリアル番号による確認を行なっておいたほうが良いかもしれませんね。

なお、修理に出す前にはバックアップをお忘れなく。

source: iPhone 5 バッテリー交換プログラム, iPhone 5 スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラム

(小暮ひさのり)