iPhone 6(のモック)と5、並べてみるとわかるデザインの変更点

140827niphone6gray2.jpg

なんかAndroidスマートフォンみたい。

画面サイズが大きくなると言われるiPhone 6ではiPhone 5sと同じく、「ゴールド・シルバー・スペースグレー」の3色が登場する模様。いったいどれくらいデザインに変更がみられるのでしょうか? GizmobiciPhone 6の4.7インチ・スペースグレーモデルのモック画像を公開しています。

上の画像の右側がiPhone 6。今回アップルは4,7インチと5.5インチの2サイズで新機種を開発していると言われているのですが、iPhone 5の4インチ画面と比べると大型化していることがわかります。ポケットにうまく収まるかな。また、本体カラーはグレーで統一されているところもポイントですね。

140827niphone6gray1.jpg

本体左側面から見ると、iPhone 6の薄さにはっとします。ヴォリュームボタンはiPod touch風の縦長な形状に変更されていますが、それもこの薄さを実現するためなのかもしれません。

140827niphone6gray3.jpg

本体右側面からの一枚。iPhone 6ではSIMカードスロットの上にボタンが追加されていますが、これは電源ボタンだとも噂されています。画面サイズが大きくなるのなら、この位置にボタンを持ってきた方が押しやすそうですね。

140827niphone6gray4.jpg

上から見ると、電源ボタンがありません。また、新型iPhoneではカメラ部分が少し飛び出すデザインになるといわれており、このモックでもその出っ張り具合が確認できます。

140827niphone6gray5.jpg

最後に、下から。iPhone 6ではスピーカー穴が減っていますね。音はどう変化するんでしょうか。

iPhone 6は9月10日(現地時間9日)に正式に発表されるともっぱらのです。もちろん今回紹介したモックは公式のものではありません。でも、その真偽はもうすぐわかる…はず。

source: 9to5Mac

(塚本直樹)