カリフォルニア州で盗難対策として新たなスマホ法、遠隔KILLスイッチが必須に

カリフォルニア州で盗難対策として新たなスマホ法、遠隔KILLスイッチが必須に 1

I KILL スマートフォン。

カリフォルニア州で、スマートフォンに関する新たな法律が制定されました。これは、州内で販売されるスマートフォンには全て、KILLLスイッチを搭載しなければいけないというもの。KILLスイッチとは、端末が盗まれた時に、持ち主が遠隔操作でロック、情報消去し、端末を利用できない状態にする機能のこと。このKILLスイッチは物理スイッチである必要はなく、機能として搭載されればOK。増加するスマートフォン盗難への対策として生まれたもので、このような法律での対策は、カリフォルニア州が初めてとなります。

今年の2月に法案が持ちあがり、今回Jerry Brown州知事がサインして法律制定となりました。法施行は、来年2015年7月1日より。つまり、あと、1年足らずの間に、全企業はカリフォルニア州用に機能を完備しなければなりません。

カリフォルニアの動きに続く州はでるのでしょうか。制定後の盗難状況が注目されます。

image:shutterstock

source: TNW

(そうこ)