「iPhone 6L」という名前になりそうな新端末

「iPhone 6L」という名前になりそうな新端末 1

「L=Lサイズ」だそうです。

4.7インチと5.5インチの2サイズ展開で製造されると噂される新型iPhone。その大きい方、5.5インチモデルの名称は「iPhone 6L」になるという新説が登場しました。もちろん噂ですが。

一方で、5.5インチモデルが「iPhone Air」という名称になるも以前話題になりました。でも、4.7インチのiPhone 6よりも大きくて重い端末が「iPhone Air」っていうのは違和感があります。それをふまえるとこの名前の方があり得そうな気もします。でもなんだかタマゴを彷彿とさせるような…。

なお、5.5インチモデルのiPhone 6には、その大きさから使用素材の発注がなかなか難しいとも言われています。より堅強なサファイアガラスディスプレイが採用されるのでは、とも言われていますが暗雲が立ち込めているというもちらほら耳にします。

もし大きなiPhoneが本当に開発されているのだとしたら、名称も素材も、そしてきっとマーケティングも今までとは違ってくることは間違いないでしょう。

source: AppleDaily via Businessinsider

(塚本直樹)