シャッターを切ったその場所の、誰かが撮った写真が見られる「Layer Cam」

シャッターを切ったその場所の、誰かが撮った写真が見られる「Layer Cam」 1

異なる時間帯、他人の目線.、そして過去を見ることができるという意味で、すごく面白そう。

ボタンを押すとGPSで現在地を測定、ネット上のジオタグがついた画像の中から現在地近くで撮影されたものをピックアップして表示してくれる、斬新すぎるカメラ(といっていいのか悩みますが)。それが「Layer Cam」です。スマートフォンでは撮影できない望遠レンズやマクロレンズを使った作品が見放題ですよ。

DIY感あふれるタッパーにシングルボードコンピュータのRaspberry PiとGPSチップ、Wi-Fi子機が入っています。なおこちらソースが公開されているので、Raspberry Piの知識がある人なら誰でも同じモノが作れます。

シャッターを切ったその場所の、誰かが撮った写真が見られる「Layer Cam」 2

シャッターを切ったその場所の、誰かが撮った写真が見られる「Layer Cam」 3

なおピックアップする画像はクリエイティブコモンズライセンスのものだけ。撮影した人が意図せずジオタグをつけてしまった画像は表示されません。重要ですね。ココ。

source: Trucs

(武者良太)