Livescribeでモレスキンに書き込んだメモをリアルタイムにデジタル化

Livescribeでモレスキンに書き込んだメモをリアルタイムにデジタル化 1

究極のメモ帳か。

Livescribeは、紙にメモしたことをリアルタイムでiOS端末に取り込んでくれるスマートボールペン。もちろん専用シートに書き込む必要がありますが、タブレットとスタイラスペンからは得られない「紙に書いている」という感覚を味わいつつも、リアルタイムでデジタル化できるというメリットは大きいものがあります。そんなLivescribeですが、今回その専用シートがモレスキンのノートになって登場していますよ。

Livescribeでモレスキンに書き込んだメモをリアルタイムにデジタル化 2

Livescribe用のモレスキンノートにも他の専用シートと同じようにドットが印刷されていて、それを使ってメモをスキャンするようになっています。ビジネス用のメモ帳として利用している人も多いモレスキン、いつもの書き心地のままデジタル化を望んでいた人も多いはず。理想的な組み合わせですよね。

ちなみにこのドットシートは600dpi以上のカラーレーザープリンタを持っていれば、自分でも作成できるそうです。

Livescribeでモレスキンに書き込んだメモをリアルタイムにデジタル化 3

ノートの左下には録音やタグ付け、お気に入りなどのペーパーコントロールアイコンが印刷されていて、LivescribeでタップするとBluetoothでペアリングしたiOSアプリの機能にアクセスできるようになっています。もう紙でできたタブレットって感じですね。

Livescribe用のモレスキンノートは29.95ドル(約3,115円)で販売中。スキャナで取り込んでデジタル化する手間も省けて、精度も悪くないようですからメモやアイディアスケッチ用として、手放せない組み合わせになりそうです。

source: gizmag

(今野愛菜)