子供のためにパパが作ったNASAシミュレータが無駄に完成度高い

何てステキなお父さんなんでしょう…。

子供の頃、段ボールを使ってロケット作りませんでした? Jeff Highsmithさんは、そんな子供の永遠の願望を叶えるため、NASAのミッション・コントロール・デスクのシミュレータを作ってしまいました! しかも、驚くほどの完成度。思わず大人が嫉妬してしまいそうです。

何でもこのシミュレータ、見た目だけじゃなく実際に機能する通話システムや、離陸時の振動を再現するためのサブウーファまで搭載しているという本格っぷり。何だか、子供のためというよりは、作ってる本人が楽しんでるようにも見えますが…。ともあれこんな環境、想像力豊かな子供達にとってはまさに夢のようなオモチャですよね!

source: Make via Tastefully Offensive

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(daiya)