車いすを押す人の気持ちに寄り添ったハンドル

140725_Wheelchairhandles.jpg

なるほど、これは使いやすそう!

あまり車いすを押す事って身近じゃなかったりしますよね。なので見逃しがちでした。いろいろな物が人間工学に基づいて機能的に改良できる時代なのに…。

車いすの乗り心地や自分での操作性などについての向上は今までもあったと思います。でも、Wheelchairhandlesは車いすを押してくれる人目線で操作性を向上することが出来るハンドルなんです。

このハンドルを使用することによって、特に便利になるのは急な坂道で車いすを押したり引いたりする時だそうです。また、ビーチとかタイヤが重くなりがちな所でも力を発揮してくれそうですよね。

140725_Wheelchairhandles2.jpg

また、このWheelchairhandlesの素晴らしいところは、既に使っている車いすのハンドルに、簡単に取り付けることができるんです。3つのネジでしっかりと固定することができるので、スポン!と抜ける心配もありません。

車いすを買い替える事なく、押してくれる人をハッピーにすることができるWheelchairhandlesの気になるお値段は45ドル(約4600円)

source: Wheelchairhandles

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(junjun)