少林サッカーの世界を地で行くスウェーデン代表

ワールドカップでも見たかった!

まさにカンフーサッカーの世界ですよね。スウェーデン代表FWとして活躍するズラタン・イブラヒモビッチ選手が、このほど少林寺拳法とサッカーを組み合わせたかのような華麗なるキックでゴールを決めましたよ。香港での練習試合における一瞬の出来事ですけど、ゴールキーパーは一歩も動けず……。

ぜひこういうゴールを本番でも見てみたいなぁと思いきや、なんのなんのテコンドーでブラックベルトという彼にとって、美しい少林サッカーのようなプレイは多々記録されています。パリ・サンジェルマンFCに所属するズラタン・イブラヒモビッチ選手のシュートは、まさにアートだって絶賛ファンも少なくないようですね。彼を上回る天才ストライカーが日本代表にも誕生しないかな~。

Jesus Diaz - Gizmodo SPLOID[原文

(湯木進悟)