舐めると色が変わるアイスクリームがあるという

科学の力がアイスにも!

Manuel Linaresさんは、スペイン人の物理学者であり、電子工学技技師であり、そしてアイスクリームマスターでもあります。その彼が作り出したのが、舐めると色が変わる不思議なアイスクリーム。ただ今特許出願中により、その材料はまだ秘密ですが、Linaresさん曰くオールナチュラルなんだそう。

アイスクリームは上のGIF画像のようにその色を変えていきます。初めは水色。提供するさいに、秘密のスプレー(Linaresさんはラヴ・エリクシールと呼んでいますが)をかけると、10秒から15秒ほどでアイスクリームの色が濃い赤紫へと変化します。そしていよいよ舐めてみると、薄い紫になります。なんとも楽しいアイスクリームですね。肝心の味はというと、このアイスクリームを試食した人たち曰く、いろいろなフルーツが混ざった味だそう。

舐めると色が変わるアイスクリームがあるという 1

色が変わる理由は、化学の力。Linaresさんは「どんな食べ物も、温度と酸化具合によって色が変わるさ」と語ります。彼が今取り組んでいるのは、紫外線に反応して色を変える愛すクリームと、真っ白から真っピンクに勝手に色が変わっていくという2種類のアイスクリーム。そちらも楽しみですね。

Jesus Diaz - Gizmodo SPLOID[原文

(そうこ)