電子レンジを分解して作られた、危険すぎる電磁波ガジェット

絶対にマネしてはいけませんよ、絶対に

電子レンジを分解するなんて、危険すぎて絶対にやってはいけません。でも、もし実際にやってみたとしたらどうなるんでしょう? ロシア発のYouTubeチャンネル「Kreosan」がそんな疑問に答えてくれそうです。

こちらの動画で紹介される、一見すると掃除機のように見える不思議な物体、実は棒の先に電子レンジから取り出したマグネトロンを取り付けたもの。また先端には空き缶を利用したアンテナが付けられており、これにより高周波の電磁波が一点に向けて放出されるようです。この結果、電球に近づければ灯りが点く、ラジカセに向かって近づければ爆発するという、かなり危険なオモチャの出来上がり。もちろん人間に向けて使ってはいけませんよ! そんなことをしたらどうなるか…目に見えてますよね?

何でもこのKreosanというYouTubeチャンネルは、「電気を使った他に例を見ないような実験を通して、従来の考え方とは異なるアイディアを広める」ことを目的にだそうですよ。何はともあれ、事故がないように気を付けてやって頂きたいものですね。

source: Kreosan via Digg

Eric Limer - Gizmodo US[原文

(daiya)