ジムをさぼると電撃を食らわすウェアラブル端末

ジムをさぼると電撃を食らわすウェアラブル端末 1

ジム行くっちゃー、これでも食らえだっちゃ!

フィットネス系のウェアラブル市場が賑わっていくなか、新たな角度からフィットネスをサポートする端末がでてきました。設定したその日の運動量に達しない場合は、電気ショックをおみまいするというありがたくもハードコアな端末Pavlokです。

運動の内容をトラッキングしデータ化してくれるのもありがたい話ですが、そもそも運動するのが億劫になるわけで。ランニングウェアに着替えれば、ジムまで行けばやることやるんですが、そこまで行くのがねぇ。ついつい甘えがちな人には少々厳しいマネが必要なのでしょう。

デザインしたMeneesh Sethiさん曰く「習慣化させるには、まず継続させることが大切。Pavlokを使えば、設定したゴールを諦めずに目指せます」デューク大学の研究によれば、1日の40%は習慣化した行動でできているといいます。つまり、自分を甘やかすことなく運動を続けていけばそれが習慣化し、苦にならずにますます運動を持続させることができるはずです。

電気ショックで甘えを許さないちょっと厳しいガジェット。しかし、この厳しさは全てあなたの健康を思えばこそ。なんとも優しい奴なんですね。

source: The Telegraph

(そうこ)