時計用の小さなネジを作る、マシンの中の小さな世界

ロボットの技。

時計に使われる小さなネジ。小さくて小さくて、もしこれ落としたら一生見つからないだろうな、と思うほどです。ピンセットでつまむようなこのネジが世界にあるということは、どこかで作られているということ。動画は、そのミニミニネジを作るようすです。

時計用の小さなネジを作る、マシンの中の小さな世界 1

動画の作業は全てこのマシンSwissNano(Tornos制作)の中で行なわれています。通常の時計の可動パーツなら約3分の2をこの中で制作組み立てするこができるファブリケーションマシン。精密さ、まさにロボットが人間に勝ることの1つですね。

source: Digg

Alissa Walker - Gizmodo US[原文

(そうこ)