ベーグルの知恵の輪、知恵がいるのは作る時

解く方法は、食べるだけです。

ベーグルをただ半分にカットするなんてナンセンス。科学者ならばこれっくらい手が込んだことして一人前というもの。か、どうかは知りませんが、ストニーブルック大学のGeorge W. Hart教授が、非常に複雑なベーグルのカット方法を提案しています。最も数学的なベーグルカットと思われるこの方法では、ベーグルを繋がった2つの輪へとカットできます。しかも、ナイフを横に縦にといれながら、4回同じカットをベーグルを180度回しながら行うという口で説明するともーーんのすごく複雑なやり方ので、チャレンジしたい方は上の教授動画をどうぞ。はぁ、複雑。

几帳面に、輪っかを回しながらトースターでベーグルを焼く教授ですが、自身のブログで「通常のベーグルよりもクリームチーズをぬるのが楽しいし、ちょっと多めにぬれる!」とかわいいコメントをしています。

Kate Knibbs - Gizmodo US[原文

(そうこ)