至高の旅行。海上に浮かぶガラス張りホテルでオーロラを眺めに行こう

140806dutchdocklands1.jpg

一生忘れられない思い出のステイに!

オーロラ鑑賞ツアーって、遠く海外に出かけなければ実現しない夢のヴァカンスの響きがありますよね。もしもベッドに横たわり、上を眺めれば、そこには満天に広がる美しい星々やオーロラに包まれる幻想的な世界が広がっていたとしたら……。

140806dutchdocklands2.jpg

そんな豪華なエクスペリエンスを可能にしてしまうガラス張りのホテルを、北欧ノルウェーのオーロラ鑑賞で知られる街トロムソにて、フィヨルド海上に建設する計画が進んでいますよ。雪の結晶デザインの各コンパートメントに全86室の宿泊設備を整え、静かに海を漂いながら、ガラス天井から見えるオーロラを満喫しつつステイを楽しめる趣向が凝らされるようです。

この洋上クリスタルホテルの設計には、オランダ人アーティストのKoen Olthuis氏らが2005年に立ち上げたDutch Docklandsが関わっており、2015年半ばから建設プロジェクトをスタートして、およそ18か月間の建築工程を経つつ、2017年末の開業が目指されているんだとか。現場にはコンパートメントを順次運び込み、最後に各部を合体させて完成させる工法が取られますよ。

なお、Koen Olthuis氏は、世界を変える地球環境に優しい100大人物として2011年に選出された経歴を誇り、国土の多くの部分が海面より低い、いわゆる海抜0メートルの地帯になるオランダで生まれ育った経験を生かして、水と戦うのではなく共生するコンセプトから数々の水上に浮かぶ斬新なる建築デザインを発表してきた実績を有しています。今回のガラス張りオーロラ鑑賞ホテルは、その最新作に位置づけられており、陸上に同様のクリスタルデザインのホテルを建造するよりも総工費はかさんでしまうものの、そのコストをプラス15%以内に抑える目標が掲げられていますね。

ラグジュアリーなホテルになることは間違いなさそうですが、一部の富裕層にしか利用できないトンでもなく高額の宿泊費ではなく、ちょっといつものホテルよりは高いけれど奮発すればだれもが泊れる値段のオーロラツアーホテルに~というコンセプトには夢があって、実際の開業が待ち遠しい限りですよね。

Image by Koen Olthuis and Dutch Docklands

source: Telegraph via Verge

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)