枯山水? 地形図? いいえティートレイです

枯山水? 地形図? いいえティートレイです 1

究極のリラックス~。

お茶を飲むひとときっていいですよね。お茶から立ち上る香しい湯気、お気に入りのカップ、温かくてやさしい味わい。日頃の忙しさから束の間離れてほっと一息つける瞬間です。うーん、禅モーメント

普通のティータイムでも十分リラックスできますが、禅レベルをリチャード・ギアレベルからダライ・ラマレベルにパワーアップしたい方にぴったりの装具をみつけました。美しいティートレイ、その名はコンフルエンス(合流)。枯山水を彷彿させる曲線を眺めていると禅僧レベルの穏やかさが手に入りそう。

樺の合板でできたこの限定版ティートレイを手掛けたのは香港を拠点とするアーティスト&デザイナーのチーム。仕上がりはちょっと面白い起伏のある形状になっています。このエレガントなティートレイをじっと見つめて心を落ち着ければ、血圧もコレステロールレベルも下がるんではという気になってきませんか。

枯山水? 地形図? いいえティートレイです 2

うっかりお茶をこぼしてしまっても大丈夫。起伏により液体が内側に集まり外にはこぼれないようになっています。もしリラックしすぎて口からお茶をこぼしてしまったら、「美しい山々の間に湖を作ったのさ」と詩人のフリをしましょう。とはいえ、このトレイを買えるくらいの人なら、言い訳なんてしなくても多少口のしまりが悪いぐらいは許されるでしょう。残念ながらこのトレイ、私の家にあるどの家具よりも高価です。お値段は1,700ドル(約17万円)。究極のリラックスはお安くないですね。

source: Artonomos

Kate Knibbs – GIZMODO US[原文

(mana yamaguchi)