全部見つけた? アルフレッド・ヒッチコックの「カメオ出演」まとめ

あっ、今回はこんなところにいたのか。

映画監督アルフレッド・ヒッチコックが、自分の作品にちょっとだけ顔をだすカメオ出演をしているのは有名ですよね。でも、そのカメオ出演の仕方もいろいろで、おそらくほとんどの人が気づけてないシーンも沢山あると思います。

そんなヒッチコック監督のカメオ出演シーン全てをMorgan T. Rhys氏が編集して1つにまとめてくれました。

初期作品は、後姿などわかりづらいカメオ出演が多かったそうです。そのため映画の観客は「いつどこにヒッチコックが登場するか?」と、作品よりも監督探しに気がいってしまったんだとか。なので、正面姿やアクション付きなど目立つ形で、しかも映画の序盤でカメオ出演することにしたそうです。そうすれば、観客は映画のストーリーに集中できますからね。

個人的に、自力で見つけたら人に教えたくなっちゃうなのは、1944年の「Lifeboat(救命艇)」。わかりやすいような、見過ごしちゃいそうな新聞広告の中のヒッチコックかな。

Omar Kardoudi - Gizmodo SPLOID [原文

(junjun)