「中が見える」鍋、発売

140813seethroughpot.jpg

これはすごい便利そう。

Massimo Castagnaさんがデザインした透明な鍋。その特徴は中が見えることでしょう。一般的なステンレス鋼ではなく、高密度のホウケイ酸ガラスを使っているため、このような透明感を実現しました。

ガラス製と聞くと心配になりますが、性能は一般的な鍋と変わりません。高温やストーヴバーナーの火にも耐えられますし、過去に料理したもののにおいが鍋に移ることもありません。もちろん食器洗い機にも入れられます。ただし落としたら割れてしまうので、ご注意を!

お値段は200ドル(約2万400円)だそうです。

source: MoMA Store

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(Tomo)