光の当て方によって人の顔はこんなに違って見える?

光の当て方によって人の顔はこんなに違って見える? 1

マジですか…!

顔写真を撮るときに光を当てて撮影するのは、もしかするとよく使われているテクニックかも知れません。写真家のSebastian Petrovskiは、人の顔が、光の当て方ひとつでいかに劇的に変わって見えるかが一目でわかる作品を発表しました。

Perception Is Reality」と呼ばれるこちらのシリーズ、右と左で写っている人は同じなんですが、明るいものと暗いものでは人相が全く違って見えます。これは、明るいところで撮影した場合は顔の特徴を柔らかく、元気に見せる特徴があるのに対して、暗い中で撮影した写真は、顔の影を増長させパーツごとの特徴をはっきりと写し出す傾向があることが原因のようです。

人によっては明るい写真の方がかっこ良く見えたり、暗い写真の方が綺麗に見える場合があるのだそう。皆さんはどちらの明るさで撮られたいですか?

光の当て方によって人の顔はこんなに違って見える? 2

光の当て方によって人の顔はこんなに違って見える? 3

光の当て方によって人の顔はこんなに違って見える? 4

光の当て方によって人の顔はこんなに違って見える? 5

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文

(daiya)