英プレミアリーグ、ゴールの瞬間のネット投稿を禁止へ

英プレミアリーグ、ゴールの瞬間のネット投稿を禁止へ 1

タダで見られちゃかなわんわ、という話。

W杯の間は、TwitterやVineで数々の名シーンがポストされ、シェアされて広がりました。ゴールの瞬間をVineの無限ループで見るのは実に楽しく、たくさんの投稿がなされました。が、その流れに待ったをかけているのが、イギリスのプレミアリーグです。

プレミアリーグの広報担当であるDan Johnson氏が、ネタ元のBBC Newsbeatにて以下のようにコメントしています。「これは著作権の侵害にあたり、ファンの皆さんにはこういった行為をしないよう呼びかけていきます。今後は、GIF、Vine、Twitterなどのクローラを開発し、チェックしていく方針です」この流れで、VineやTwitterの人気のサッカー関連アカウントは閉鎖されることになるかもしれません。しかし一方で、多くのフォロワーを持つサッカーVineアカウントを運営するNickさんは、「僕がやらなくても、結局は他の誰かがやるよ」と語り、完全な投稿/共有禁止は難しいとも思われます。

つまりは、人気のあるプレミアリーグの放映権は、各社が多額の放映料を払って獲得し放送しているものであり、ゲームのいいシーンを無料で撮影/拡散されたのではたまったものではない、ということです。ファンにとっては小さな娯楽のつもりでも、現実というのはなかなか厳しく難しいものです。

image by Marcello under Creative Commons license

source: BBC Newsbeat via Engadget

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(そうこ)