ジョン・マカフィーがプライヴァシーに関してグーグルに苦言

2014.08.19 19:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

140819jmxafeeandgoogle.jpg


何でも知られるなんて嫌でしょう?

ウィルス対策ソフト開発の先駆者であるジョン・マカフィー氏がグーグルによるプライヴァシーに対する力へもの申しています。マカフィー氏がサプライズゲストとしてスピーチを行なったのは、今月頭にラスベガスで行なわれたセキュリティカンファレンスDefcon。

グーグルは(少なくとも社内の一部の人間は)私たちは隠しことなんて何もない、みんながみんなのアクション全てを知っていても大したことじゃないと思わせたいみたいだが、これはしっかりと考えなくてはいけないことだ。誰もが他のみんなが何をしているか全て知っていたら、人々の行動はどうなると思う? 非常に制限されていくだろう。このことをしっかり考えなくてはいけない。

このようにグーグルに苦言を呈し、「他人に生活を干渉されれば自由は有り得ない。自由とは、私が、君たちが持つ全てだ」と呼びかけました。便利さとプライヴァシーを天秤にかける問題はまだまだ続きます。


source: BBC via VentureBeat

Pranav Dixit - Gizmodo US[原文
(そうこ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • セキュリティの神話
  • John Viega|オライリージャパン
  • マカフィー インターネットセキュリティ 2014 3台 3年
  • マカフィー
・関連メディア