中国で、赤ちゃん型の梨が作られている

140819pears-01.jpg

かわいく…ない。

七夕フルーツ商戦を目前に控えた中国。先日も、男性の願望を叶えうる噛みつきたくなるような桃尻が人気だとお伝えしたばかり(写真はこちらで)です。そんな愉快なフルーツ業界ですが、実はもっとヴァリエーションがあるのです。

140819pears-05.jpg

優しく閉じられた瞳、小さな鼻、ふくよかな頬。まさに赤ちゃん。天使のような、ではなく、シュールな感じの、ですが…。この梨は中国内のスーパーマーケットで売られているとのこと。いくらぐらいなんでしょうね。

140819pears-03.jpg

赤ちゃん型の梨は、四角形のスイカなどと同じように透明なプラスチック容器の中で栽培するようです。白い部分はおそらくネジで、大きくなろうとする力で容器が壊れないように、相当きっちり締めてあるみたいですね。でもこの容器が梨の木にたくさんぶら下がっているかと思うと、かなり異様かも。

140819pears-02.jpg

この容器を製造する蘇州の会社は、どこでも赤ちゃん型の梨を生産できるように世界中へ容器を発送してくれるんだとか。もしかしたら、日本で実物を見られる日も来るかもしれませんね。

ちなみにこの形以外にも、一般的な四角形ハート型からブッダ型などたくさんのフルーツ容器を販売しています。

140820pears.jpg

こういう梨たちっては美味しいのかな。日本のユニークな形のスイカは品種の問題やディスプレイ用として日持ちさせるために早く収穫するので、あまり美味しくない、といった話も耳にしますが、梨の場合はどうなんでしょう。

赤ちゃん型は皮をむいたらきっと原型をとどめていないだろうから、できれば普通に甘くてみずみずしい美味しい梨であってほしいなと思います。

source: designboom , Fruit Mould

(今野愛菜)