グーグル、自走車のテストを仮想世界で行なう

グーグル、自走車のテストを仮想世界で行なう 1

マトリックスみたいになってきたぞ。

日に日に前進していくグーグルの自走車プロジェクト。なんと、仮想世界でのテストで走行距離が400万マイル(約643万km)を超えていることがわかりました。このヴァーチャル実験は、「たった数時間で何十年分もの価値」があるテストができるんだとか。

グーグルが開発した仮想世界、通称マトリックススタイル、では、カリフォルニアの道が全て網羅されており、この中でグーグル自走車はすでに400万マイルの距離を走行してきたと言います。カリフォルニアの州法では、自走車は公道を模した場所でテストされなければならないのですが、これは講習所のような現実の場所を指します。しかし、グーグルは現実ではなく仮想世界でのテストで州の承認を得ようと動いているのです。

自走車プログラムのディレクター、Chris Urmson氏による機能説明。数百もの異なるオブジェクトを同時に検知できるそうな。

自走車プロジェクトの安全面を担当するRon Medford氏は、今年始めにマトリックススタイルに関する書類を州に提出しています。その中で「コンピュータによるシミュレーションは思っている以上に価値がある。現実のテスト用道路と比べて、より深く制作者がソフトウェアを実験できる可能性があるだろう」と語っています。でも、仮想テストでもOKにしてくれという訴えは、あえなく却下されてしまいました。

グーグルの挑戦が続く一方で、政府側はさらに手綱を強く握る方針のようです。現在のところ、自走車の現実世界におけるテストが必須なのに加えて、車に予備のステアリングウィールとペダルシステムを搭載するよう指導する新たなルールが設けられました。

グーグル自走車は、現実の世界においては70万マイル(約112万km)しか走行できていません。それも、許可された道2,000マイル(約3,200km)を何度も往復するだけ。さまざまなシチュエーション(自転車の接近や、バイクの信号無視、予測不可能な歩行者の存在など)をテストできる仮想システムと比較して、現実の試運転では限界があります。グーグルのがんばりが、今後の法律を含む自走車の世界に大きな影響を与えるのは間違いないでしょう。

source: The Guardian via The Verge

Pranav Dixit - Gizmodo US[原文

(そうこ)