Runtasticからフィットネス計Orbit発売。さっそくハンズオン

Runtasticからフィットネス計Orbit発売。さっそくハンズオン 1

人気アプリからナイスなチャレンジ。

今あちこちでフィットネストラッカーが売られてますが、独自性のあるものが出てくるとうれしいですよね。人気ランニングアプリRuntasticが発売したRuntastic Orbit(以下Orbit)はまさにそんなトラッカーです。

他のフィットネストラッカー同様、Orbitはいくつかのスタイルで装着できる小さなガジェットです。主にシリコンのバンド(付属してるのは黒と青ですが、他の色のも別売されてます)で手首に付けることが多いと思いますが、クリップで留めたり、本体だけをポケットに入れておいてもOKです。

Runtasticからフィットネス計Orbit発売。さっそくハンズオン 2

Orbit前面には小さなLEDディスプレイがあり、Fitbit OneとかForceと同じような感じです。さらに大きなシルヴァーのボタンもあって、ちょっと目立ちすぎるくらい。でも、これで少なくともどこを押せばいいか一目瞭然ということなんでしょうか、多分。このボタンで画面をスクロールして、歩数とか活動時間、推定消費カロリー、時刻が見られます。長押しするとスリープモードに切り替えられて、睡眠をトラッキングします。

ここまでは普通っぽく思われるかもしれませんが、まさにその通りです。でもOrbitが普通じゃないのは、Runtasticのアプリとの連携です。ベストなのは、スマートフォンとOrbitだけ持って走りに行けば、時間も距離もペースもリアルタイムでスマートフォンを出さずに確認できることです。Runtasticでは将来的にサイクリングや水泳もトラッキングできるようにして、さらにあまり知られていないPushups(腕立て伏せ)とかSix Pack(腹筋)といったアプリとも連携できるようにしたいと言ってます。

Runtasticからフィットネス計Orbit発売。さっそくハンズオン 3

他には、最大300フィート(約100m)まで潜れる防水性能もすごいです。ほとんどのフィットネストラッカーはせいぜいシャワーを浴びられる程度ですから。前面には環境光センサも付いていて、将来的には太陽を浴びすぎると日陰に行くよう通知してくれるようになるんだとか。それにMagSafeみたいなUSB充電コードも付いていて、デザイン的にナイスです。

Orbit発売にあわせてRuntastic Meという新アプリも登場しました。これはRuntasticの全データの統合ハブとして機能するアプリです。Orbitからは歩数、Runtasticアプリからはラン関係のデータを吸い上げます。今後は腕立て伏せのデータなども入ってきます。このアプリは見た目は良い感じですが、ハンズオンの時点ではまだ完成版ができてなくて、きちんとしたテストはできていません。

Runtasticからフィットネス計Orbit発売。さっそくハンズオン 4

使ってみてどう?

で、実際どうなのかっていうと、今回試したのはハードもソフトもプレリリース版だったので、まだ確定的な評価はできません。そのうえで、気になるところも良いところもあげていきます。

まず気になる点ですが、Orbitはフィットネストラッカーとしては大きめです。手首にはめるとすごく目立って、しかもすごく魅力的なデザインでもありません。でも真の問題は、その主要目的であるはずのRuntasticアプリの便利なディスプレイという役割をうまく果たせていないことです。

普通走る場所って屋外が多いですよね。でもこのディスプレイを直射日光下で走りながら見るにはLEDの明るさが足りてないのです。表示を見るには、手で日光をさえぎらなきゃいけませんでした。それから、画面が小さすぎて1種類のデータしか表示できず、しかも今何のデータを見ているのかがすごくわかりにくいんです。さらに走っている間にアプリとの接続が何回も切れてしまったのですが、これはプレリリース版ゆえのエラーかもしれません。

Runtasticからフィットネス計Orbit発売。さっそくハンズオン 5

不思議なのは、Runtasticの情報を見る方法はすでにもっといいものが存在することです。RuntasticアプリはもうAndroid Wearとか他のスマートウォッチとも連動できてます。たとえばGalaxy GearもRuntasticと連携できて、3種類のデータが同時に見られるし、音楽の再生・一時停止やスキップもできます。さらにGalaxy Gearでは歩数もトラックしているし、アプリも豊富で増え続けています。価格はOrbitより80ドル(約8,000円)ほど高いですし、睡眠のトラッキングは(まだ)できませんが、価格以上にできることがたくさんあり、質も良いです。ただiPhoneユーザーの人はAndroid Wearが使えないので、iWatchが出るまで待たなきゃいけません。

Orbitの一番良いところは、まだ完成してない機能にあります。たとえば日光の浴びすぎを通知してくれる機能は、もし実現できれば新鮮です。水泳専用ウォッチではラップ数やストローク数を記録してくれますがかなり高価なので、RuntasticがOrbitと連動してそれをしてくれればありがたいです。また全体的にはGalaxy Gearのほうが良いのですが、ほぼ毎日充電しなきゃいけないので、週1回程度の充電で済むOrbitにはそれなりの優位性があります。

Runtasticからフィットネス計Orbit発売。さっそくハンズオン 6

なのでポテンシャルはあって、価格も120ドル(約1万2,000円)と悪くはありません。でも買いたくなってる人ももう少し待って、バグが修正されたり、予定されてた機能が搭載されたりするのを確認してからのほうがいいです。

でも今までアプリがメインだったRuntasticが、競合の多いフィットネストラッカーを作ったことにはガッツが感じられます。がんばってブラッシュアップしていってほしいです!

source: Runtastic

Brent Rose - Gizmodo US[原文

(miho)