SoundCloudに広告が出るぞ~

SoundCloudに広告が出るぞ~ 1

あのデジタル音楽界の野生児SoundCloudがついに広告掲載開始ですねー。

それを伝えるNYタイムズの記事で、Lorde(ロード)の「Royals」もSoundCloudでブレイクしたヒットソングだよねって書いてて、ええー!!!となりました。

「Royals」はニュージーランドから彗星の如く現れた高校生Lordeが全米シングルチャート1位の最年少記録を26年ぶりに破ったデビューソングです。Lordeはこの曲で今年グラミー賞を受賞、TIMEの「世界で最も影響力のあるティーン」に選ばれています。

まさにミレニアムが生んだ最初の大型新人なわけですが、その彼女は生まれ方もミレニアムだった…! まだ無名だった頃、2012年11月にSoundCloudでデビューアルバムをセルフリリースしてたんですねーはい。あまりにも驚いたので記念エンベッド。

で、これが今のLorde。

スウェーデン人2人が6年前にベルリンで創業したSoundCloudは今や「月間視聴数1億7500万人」(同社発表)、Spotifyの4倍ものリスナーを獲得しています。

今回発表になった広告掲載プログラム「On SoundCloud」は(ここからが本題)、今月開始の米市場を皮切りに世界展開する予定とのこと。クリエイターは、サイトに掲載するオーディオクリップに「見て聴く」CMを追加して広告収入を得ることができます。

広告を掲載できるのは、無料アップロードの容量を超えて有料でアップロードしてるユーザー(たぶんリスナーが一番多い層)だけ。掲載にはユーザーの同意が必要です。連動した動きかもしれませんが、ちょうどPro会員の料金体系も改訂になりました。全体のどれぐらいの音源に広告が出るのか、詳しいことはまだわかっていません。

今のままのSoundCloudが好きなファンにはガックリだけど、無料で続けるからにはどうしてもそうなっちゃうよね。むしろよく6年もこれでやってきたよって思います。広告がブロックできる有料会員の展開も噂されています。残念かどうかは、どう変わるのか見てから決めても遅くないでしょう。

source: SoundCloud, NYT

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(satomi)