映画「マイノリティ・リポート」がTVシリーズになるかも

映画「マイノリティ・リポート」がTVシリーズになるかも 1

戻ってくるかも!

テクノロジー界隈ではおなじみのSF映画「マイノリティ・リポート」の世界に、またお目にかかれるかもしれません。ネタ元のThe WrapDeadlineによれば、同映画を監督したスティーヴン・スピルバーグの制作会社アンブリン・エンターテインメントによってTVシリーズ版が制作されるそうです。先日公開されたハリウッド版「ゴジラ」の脚本家Max Borensteinが参加するとみられているのですが、まだ確定ではない模様。

映画「マイノリティ・リポート」は2002年に公開され、犯罪予知が可能な近未来の世界を舞台に繰り広げられるSF作品。原作は、最も有名なSF作家の1人であるフィリップ・K・ディック、監督は巨匠スティーヴン・スピルバーグ

まだタッチスクリーンが一般的ではなかった当時、大きなスクリーンの前で直感的にコンピュータを操作する作中のインターフェースには、誰もが興奮したのではないでしょうか。

このドラマシリーズでは、映画でもトム・クルーズ演じる主人公が所属していた犯罪予知ユニットに焦点が当てられるようで、タイトルもそのままの可能性があります。まだ初期の準備段階なので、本当に実現するかは分かりませんが、楽しみですよね。

source: The Wrap, Deadline via The Verge

(徳永智大)