エイフェックス・ツイン、新作アルバムの情報を深層Webで公開

エイフェックス・ツイン、新作アルバムの情報を深層Webで公開 1

エイフェックス・ツインが前作「Drukqs」をリリースしてから13年。Richard D. James(エイフェックスの本名)が描く物語の次の1ページがなかなかめくれず、ヤキモキしていたファンも多いのではないでしょうか?

さて、エイフェックスは今月、深層Web(どこからもリンクされていないWebページ)でファンに向けて思わせぶりな情報を公開してくれました。

まずツイッターでファンやフォロワーに向けて、Tor(The Onion Router/米海軍調査研究所が開発したシステムをもとに改良された匿名通信)のアドレスを公開。このページは一般的なTorページ同様、ロードにちょっとだけ時間がかかります。しかしそこには、エイフェックス・ツインの新作アルバムに関する情報が掲載されているのです。

リストの左側には新アルバム「Syro」の曲名リスト、右側には各曲のBPM(速さ)を記載。その下には、まるで訪問ユーザを監視するかのように、ページの滞在時間やIPアドレス、アクセス元が列挙されています。といってもTor Browserでアクセスしているので、訪問者に関する情報は「特定不可」が並んでるのが下のキャプチャー画面を見れば分かりますね。

一方、普通のブラウザでこのWebサイトを開くと訪問ユーザの情報はすべて特定され、アルバムの情報はすべてマスクされた状態で表示されます。

エイフェックス・ツイン、新作アルバムの情報を深層Webで公開 2

ちなみに右側の図形はエイフェックス・ツインが昔から使っているロゴマーク。現在、このマークはニューヨーク市の至るところにステンシルとして姿を現しています。

エイフェックス・ツイン、新作アルバムの情報を深層Webで公開 3

また、週末のロンドンではエイフェックスのロゴがついた緑の飛行船が目撃されています。この飛行船、機体の右側にはロゴのみが、左側には「2014」の文字が(0の部分はエイフェックスのロゴ)記されています。つまり、アルバムは今年中にリリースされるということでしょうか。

エイフェックス・ツイン、新作アルバムの情報を深層Webで公開 4

ただ、こちらの予想を完全に予想を裏切ってTorでダウンロードさせるという可能性も残されているので、実際どうなるのかはまだ分かりません。でも、2001年から待ち焦がれていた身としては、アルバムをゲットするために必要なことなら何でもやっちゃいそうですね。

source: Thump

Images via Aphex Twin / Twitter

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(Rumi)