YouTube動画広告をスキップさせない1つの方法

面白そうな動画を見ようとしたとき、無理矢理差し込まれてくる動画広告。スキップボタンが表示されるまでの5秒間が永遠に感じられることってありますよね。うん、あるある。

プロヴィデンス(ロードアイランド州)を拠点とする広告代理店NAIL Communicationsは、まっとうな感覚の持ち主なら気軽にスキップできない動画広告を提案。なんと、広告をスキップしたら純真無垢な仔犬ちゃんを感電死させるというのです(や、もちろん本気じゃないですよ。と思います)。

この動画ではとくに何も売っていませんが(代理店自身のアピール以外は)、米国動物愛護協会へ寄付するユーザは現れるでしょうか? まあ、良心に訴えかける作戦だと分かっていても、たしかに広告をスキップしなかったことに悪い気はしませんよね。

ちなみに動画広告の94%はスキップされているのが現状のようです。

source: YouTube via Taxi

Andrew Liszewski - Gizmodo US[米版

(Rumi)