10,000個の磁石で変幻自在な立体を作ると...

触ってみたい!

この動画に写るのは、「バッキーボール」という磁性のある球で構成された巨大な立方体です。重さは5.9キロもあり、1辺22個のマグネットが並ぶこの立体にはなんと10,648個ものバッキーボールが使われています。

バッキーボールとはフラーレン(炭素分子が60個組み合わさり、正五角形と正六角形が組み合わさった32面体。サッカーボールのような形をしています。)の別名であり、ここで使われたバッキーボールとはその名称に由来するおもちゃの事です。しかしこのバッキーボール、子供の誤飲が多いため販売禁止になってしまいました。残念!

Jesus Diaz - Gizmodo SPLOID[原文

(Tomo)