アップルにアプリ申請却下される理由トップ10

2014.09.03 12:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

140902appleappsregected.jpg


「出直してきんしゃい!」と言われた理由は…。

アプリ開発者にとって最終段階であり関門となるのは、「アップルへの申請が通るかどうか」でしょう。では一体、申請却下される理由はどんなものなのか? アップルの開発者向けページ「Common App Rejections」にて、最も多い却下理由をあげています。

ここで紹介されているのは、今年8月22日~28日までに申請却下された理由で多かったもの。以下トップ10が全体の58%を占めていました。

14%:情報が少ない

8%:バグあり(ガイドライン2.2)

6%:「Developer Program License Agreement」の規約を満たしていない

6%:アップルそしてユーザの期待をうらぎる。つまり、インターフェースが複雑すぎる、又は期待値に達していない(ガイドライン10.6)

5%:アプリの名称や説明、スクリーンショットが実際のアプリコンテンツを明確に表していない(ガイドライン3.3)

5%:他のアプリと名前やアイコンが類似しており誤解をまねく(ガイドライン22.2)

4%:iTunesと端末での表示でアプリの名称の関連性が薄く、混乱をきたす可能性がある(ガイドライン3.4)

4%:仮の状態の文章がはいっている(ガイドライン3.2)

3%:開発者側はアプリに点数をつけなければならないが、その点数が的確でない場合、アップルサイドで編集削除する(ガイドライン3.8)

2%:ベータ、デモ、トライアル、テスト段階のアプリ(ガイドライン2.9)

なるほど。アップルのページには、申請却下されないためのティップスも掲載されています。


Image: Massie under Creative Commons license
source: Common App Rejections via Cult of Mac

Gary Cutlack - Gizmodo UK[原文
(そうこ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Acase 防水ケース クリア XL ストラップ 付 for iPhone5S / iPhone5C / iPhone5 / GALAXY S4 / GALAXY S III / ARROWS / AQUOS Phone / Xperia Z / Xperia A Waterproof シースルー 防水 ケース 防水保護等級 : IPx8 | iPhone 5S / iPhone 5C 対応
  • Acase
・関連メディア