キャデラックは2017年モデルから半自動運転化に

キャデラックは2017年モデルから半自動運転化に 1

全自動運転も、もう目の前か??

ゼネラル・モーターズは米国デトロイトで開幕した「第21回ITS世界会議」において、2017年モデルのキャデラックから、半自動運転システム「スーパークルーズ」を搭載することを発表しました。

このスーパークルーズは、高速運転・交通渋滞・長距離移動時に運転手へかかる負担を緩和するために設計されています。他の自動車メーカーが搭載しているシステムと異なる点360度のセンサーや、超音波カメラ、そしてGPSデータなどをシームレスに統合できるところだそうですよ。

また、半自動運転とはいえ、自律運転を担うシステムが搭載される量産タイプの発表は、ついに全自動運転の世界がくるのかと心躍ります。

しかし、まだまだ運転手は必要であるが、補佐的立ち位置で十分なようである。

まだ、搭載モデル名は発表されていないが、上級モデルから展開になることは間違いないだろう。

早く一般モデルにも搭載されることを願います。

source: Autoblog

(okeyuhi)