3Dプリンターで作る子供用の義肢。モデルはウルヴァリン!

3Dプリンターで作る子供用の義肢。モデルはウルヴァリン! 1

こんな風にも使えるんですね、3Dプリンターって。

これまでにたくさんのエンジニアやアーティストたちが、3Dプリンティングを使う事で、世の中の子供たちを救ってきました。彼らが作ったのは義肢。従来の義肢は高すぎて、それが買えない家庭も少なくなかったのですが、3Dプリンティングならばはるかに低くコストを下げれます。

E-nabling The Futureという、3Dプリンティング義肢を普及させている企業で、ヴォランティアとして活動するアーロン・ブラウンさんは、一歩進んだ製品を発明しました。なんと彼は、義肢にX-メンのヒーロー、ウルヴァリンの爪を付けることにしたのです。

3Dプリンターで作る子供用の義肢。モデルはウルヴァリン! 2

フェイクの爪は銀色でペイントされて、アダマンチウム製に見えなくもないですね。とはいっても、先端は丸くなっているので、危険ではありませんよ。また、ヴェルクロテープで簡単にくっつけたり取り外したりもできます。

こんなかっこいい爪が着いた義肢であれば、子供たちも勇気を持って病気に立ち向かえるのかもしれませんね!

source: E-nabling The Future via TechCrunch

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(Tomo)