2年越しの機種変更を検討中のiPhone 5ユーザ向けに、iPhone 6との違いまとめ

20140917_iphone5_601.jpg

9月19日に発売される今年のアップルのiPhone 6。今回は発売されてから2年、そろそろ買い替え時だと思っているiPhone 5ユーザのために、iPhone 5とiPhone 6の違いを比較してみます。

(iPhone 5sでもなく、iPhone 6 Plusでも無く、今回はあくまで「iPhone 5」と「iPhone 6」の比較です)

改めて2年前のiPhoneと比較すると、相当進化していることに驚きますよ!

ボディは薄く、ディスプレイは見やすく

20140917_iphone5_6.jpg

ディスプレイサイズも本体サイズも大きくなりました。iPhone 5(iPhone 5sも)の4インチからiPhone 6では4.7インチに。ディスプレイは、1,136 x 640ピクセルから、1,334 ×750ピクセルになり「Retina HDディスプレイ」としてさらに高解像度になりました。

本体サイズは高さ123.8ミリ、幅58.6ミリから、高さ138.1ミリ、幅67ミリに。つまり約1.4センチ縦に伸びて、約0.8センチ横に伸びました。厚さは7.6ミリから6.9ミリになり、0.7ミリ薄くなっています。

重さは112グラムから129グラムと、iPhone 6の方が17グラム重くなりました。ちなみにiPhone 5cは132グラムなので、そんなに重さを感じることは無さそう。

つまり、ひと回り大きくなって、重くなって、でも薄くなって、そしてディスプレイと解像度はかなり大きくなったと言えるでしょう。

デザインはフィット感がアップ

20140917_iphone5_604.jpg

カラーはゴールド、シルバー、スペースグレイの3色でiPhone 5sと変わりません。(iPhone 5はブラックとホワイトの2色でした)そして形状は、角張ってたiPhone 5シリーズから丸くなりました

そしてiPhone 6は、手にフィットして持ちやすくなると思われます。iPhone 4からエッジ部分が手に当たる角張ったデザインがずっと採用されてきましたが、(日本では)初代iPhone 3G、3GSを思い出させるラウンド形状のデザインに戻ってきたのに嬉しく感じる人も多そうですね。

またiPhone 5シリーズでは電源ボタンが上部にありましたが、iPhone 6では右の側面に移動しています。

カメラ愛用者には断然6がオススメ

20140917_iphone5_602.jpg

カメラは8メガピクセルのメインカメラ、1.2メガピクセルのインカメラとのスペックは変わっていませんが、機能はかなり進化しています。

アップルが「Focus Pixels」と呼ぶ新しい技術をセンサーに搭載し、オートフォーカスの速度が速くなりました。顔検出の精度もアップ、また露出コントロールも進化。写真や動画の明るさや暗さを4段階あるF値から選ぶことができるようになりました。

さらに自動手ぶれ補正も進化、「短い露出時間に4枚の写真を撮影してモーションブラーや手ぶれを補正」するそうです。また最大43メガピクセルとさらに高い解像度でパノラマ写真を撮影できるようになりました。またインカメラのF値が2.2になり、より明るくなっています。

そして動画撮影は60fpsのフルHD動画240fpsのスローモーション動画が新たに撮影できるようになり、タイムラプス動画もiPhoneの標準機能で撮影できるようになりました。

気になるバッテリーも長時間利用向けに進化

バッテリーの持ち時間も向上しています。アップルが計測した連続使用時間を比較してみましょう。

iPhone 6iPhone 5
通話時間3Gで最大14時間3Gで最大8時間
連続待受時間最大250時間最大225時間
インターネット利用3Gで最大10時間、LTEで最大10時間、Wi-Fiで最大11時間3Gで最大8時間、LTEで最大8時間、Wi-Fiで最大10時間
オーディオ再生最大50時間最大40時間

Touch ID(指紋認証ロック解除)は一度使うと手放せない

20140917_iphone5_605.jpg

iPhone 5sから搭載されたTouch IDですが、これはやはりiPhone 5とiPhone 6を比較する上では外せません。

指でホームボタンに触れるだけで、iPhoneのロックが解除される事がどれだけ快適か!一度このTouch IDに慣れてしまうともう元には戻れません

テクノロジー、ネットワークの進化でさらにアプリ利用が快適に

プロセッサはiPhone5の「A6」、iPhone 5sの「A7」、そしてiPhone 6では「A8」に進化してきました。iPhone 6ではCPUやGPUのパフォーマンスが向上、エネルギー効率はA7の50%アップしているそうです。またiPhone 5sからiOSでは初めて64ビットアーキテクチャCPUを採用、扱えるデータ量が圧倒的に増加したため、iPhone 6の場合、処理速度はiPhone 5s(A7)から25%高速化。アプルやゲーム、カメラの処理速度の面でiPhone 6は絶対的なメリットがあります。

またM8モーションコプロセッサも搭載し、さらに加速度センサー、コンパス、ジャイロスコープ、そして新しく気圧計が加わりました。iPhone 6では歩数や移動距離、高度の変化も測定できるようになるので、日常や運動のデータも蓄積できます。

通信速度の面も気になるという方には速度アップは重要ですよね。iPhone 6はLTEでさらに高速通信が可能になります。iPhone 5シリーズの通信速度は下り最大100Mbpsから、iPhone 6では下り最大150Mbpsにアップしました。

またiPhone 6からNFCに対応したことが話題となっていますが、しばらく日本では関係無さそう。アメリカでスタートするApple Payは日本での展開予定は未定…というか、iPhone 6/PlusのNFCは当面、Apple Pay以外では使えないことが判明したようです。

いかがでしたか? 間もなくiPhone 6とiPhone 6 Plusが発売開始。iPhone 5ユーザなら乗り換えても決して後悔することは無いと思いますよ!

source:アップル iPhone 6 / 6 Plus

(mayumine)