時計専門家から見て、Apple Watchはどう?

2014.09.12 18:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

140912_applewatchwatch.jpg


スマートじゃない、ウォッチとして見るとどうなの?

Benjamin Clymer氏は、ニューヨーク・タイムズが「時計学の大祭司」とよぶ人物です。彼は時計愛好家Webサイト「Hodinkee」のエグゼクティヴ・エディターで、そのサイトはTime誌による2013年ベストWebサイト50にも選ばれています。その彼がApple Watchにハンズオンし、ファーストインプレッションを公開しています。

我々はApple WatchをMoto 360やLGのG Watch Rなどの競合スマートウォッチと比較していますが、Clymer氏は伝統的な時計全体と比較しています。彼がApple Watchをどこまで深く見ることができたのかははっきりしませんが、大事なのは彼がガジェットレヴュワーとは違い、時計の専門家の立場からApple Watchに触れて受け取った印象をシンプルに語ってくれたことです。

彼は日常的に1万ドル(約105万円)もする時計を身に着けていながら、349ドル(約3万7000円)のApple Watchにも感心しています。その理由は、「アップルが他のスイスやアジアの同価格帯の時計ブランドの大半よりもディテールをきちんと実現し、それらディテールが積み重なって真に心を打つデザイン作品となっている」ためとしています。

ただ、Clymer氏が感想を述べたのは外観についてだけで、機能やインターフェースについては意図的に言及を避けています。彼は全体的にポジティヴですが、スマートウォッチ全般が何かを欠いていると考えていることも伝わってきます。以下に抜粋してお伝えします(強調は訳者)。


かくあるべき感触


Apple Watchの全体的なデザインレヴェルは、デジタルでもアナログでも、350ドルという価格帯の腕時計空間のすべてを吹き飛ばすだろう。同価格帯でこれほどの動きの滑らかさ、細部へのこだわり、ビルドクオリティに追随するものはない


伝統へのリスペクト


Apple Watchは、伝統的な時計作りや時計学が発展した環境に対し、彼らなりのやり方で大きなオマージュを寄せている。最初の時刻管理装置、たとえば日時計のようなものは、太陽と星から読み取られたことを忘れてはならない。アップルは宇宙をテーマとするフェイスをふたつ開発している。つまり彼らは少なくとも、最古の時刻管理装置やすべての時空を支配する宇宙、それらの起源や重要性を認識しているのだろう。


やはり時計ではない


私の時計は何世代も使い続けられるが、このApple Watchは運が良くても5年ほどしか持たない。感情的なレヴェルでは、Apple Watchと伝統的な時計を比べることはできない。だから私はシリアスな時計愛好家(であり、かつ通常ならアップル製品のリリースにお金を払おうと走る人たち)が、Apple Watchを買うとは思わない。

Clymer氏の記事はこちらで全文が読めます(英語ですが、独自の画像がたくさんあります)。スマートじゃない、ただのウォッチとしてのApple Watchっていう見方は新鮮だし、参考になりますね。


source: Hodinkee

Pranav Dixit - Gizmodo US[原文
(miho)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • nanox - Apple iPod nano watch conversion kit (黒ケース/黒ベルト)
  • emonster
  • LunaTik Multi-Touch Watch Band [ シルバー ] ルナティック マルチウォッチバンド iPod nano 6G専用
  • hnm
・関連メディア