冷え性対策にも。スマートインソール「Digitsole」

140911digisole-04.JPG

女性のほうに人気が出たりして。

Digisoleはスマートフォンで温度調節歩数カウントなどができる、スマートインソール。ウェアラブルガジェットで歩数や消費カロリーを計測する、というタイプのものは最近よく見かけるようになってきましたが、足元の温度調節ができるというのは靴の中敷ならではのものではないでしょうか。

140911digisole-03.JPG

インソールの温度調節は、アプリのバーを上下して設定するようです。想像ですが、すぐ温かくなるというよりじんわりぽかぽかしてくる感じなんじゃないかなと思っていたり。だとしたら、調節には少し時間かかりそうですね。

温度は最高40度まであがるそうなので、ちょっとした足湯感覚が味わえそう。足元が冷える冬場に、オフィスなどで使ったら気持ちよくて眠くなっちゃったりして。そのほか冒頭に書いたような、歩数や歩いた距離、登った距離燃焼カロリーをアプリで把握できます。

140911digisole-02.JPG

インソールのかかと部分には電源コネクタが付いています。使っていない時はUSBで充電しておいて、使用の前に電源をオンになければならないのです。 かかとに重みがかかったら自動でオンとかそういう設定になったらいいのにね。

140911digisole-01.JPG

インソールそのものは全部で4層になっているようなので、結構厚みがあるように感じます。重さは100から120gだそうですが、シューズは少し大きめのものじゃないと足が窮屈になりそう。

DigisoleはKICKSTARTERでクラウドファンディング中。すでに目標金額は達成しており、終了日までの残り51日間でどのくらい伸びるか気になるところ。足元が冷えると代謝も悪くなりますし、冷え性の人たちが注目を集めそうな気がしますな。

source: KICKSTARTER

(今野愛菜)