アツいから曇らないゴーグルF-BOM

アツいから曇らないゴーグルF-BOM 1

アツいね!

秋が始まったと思ったら、あっという間に冬で、そうなるとみなさんはスキーやスノボに行くのでしょう。するとゴーグルが必要で、それが曇るのが悩みだわなんて言うのでしょう。外は寒いけれど、ウィンタースポーツで熱くなるからゴーグルが曇るのです。ならばこちらはどうでしょう、F-BOMゴーグル。曇りません。

アツいから曇らないゴーグルF-BOM 2

小さく薄いヒーティング部品がゴーグルのレンズの間に組み込まれており、このおかげで視界は常にクリアで良好。簡単に言うと、車のバックウィンドウと同じ。ガラスに仕込まれたワイヤがが過熱して窓の曇りを抑えますよね、あれです。ただ、このゴーグルでは、車のウィンドウのようにワイヤの線が見えることはありません。視界を遮らないので安心あれ。ヒーティング部品によって、ゴーグルの表面を温かく保ち曇りをブロック。フル充電時の保ち時間は7時間。また、充電できない環境でのオン/オフきりかえモードもあります。こちらは、必要な時にボタンを押すと10分ほど過熱して曇りを撃退。このモードだと1日保つとのこと。

アツいから曇らないゴーグルF-BOM 3

こちらKickstarterプロジェクト。気になる人は、投資195ドル(約2万円)で、プロジェクト達成の場合ゴーグルが1つ手に入ります。達成すれば商品化され10月から販売が開始される予定ですが、その時の販売価格は249ドル(約2万5,000円)となるようです。さてさて。

とにもかくにも、すでにウィンタースポーツの準備する季節になっているわけです。

source: Abominable(via Outside Online

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(そうこ)