サムスン、グーグルマップを捨てノキアの「HERE」を採用

サムスン、グーグルマップを捨てノキアの「HERE」を採用 1

地図やってるからってエラそうな顔させるか、うちもやったる。

どんどんその精度をあげサーヴィスの幅も広げるグーグルマップですが、一方でグーグルマップ離れがあるのも事実。アップルが独自地図をはじめましたが、今回、サムスンもその方向にいくようです。

サムスンがタッグを組んだのはノキア。同社のAndroid用地図アプリHereは、サムスンのスマート端末だけで使える限定アプリです。新スマートウォッチGear Sのリリースと同時にアプリが公開されます。加えて、ウェアラブル端末には、Hereによるターンバイターンナヴィゲーションが搭載され、新アプリを通して対応ハンドセットと連携させて使うことができます。

HereはもともとAndroid用アプリとして開発されてきましたが、今まで日の目を見ることはありませんでした。今回、やっと初めてAndroid端末に搭載されることになります。一方で、デビューはこれが初めてではありません。すでにサムスンがTizen OS搭載のスマートウォッチにナヴィゲーションシステムとして使っています。今回のサムスン製Androidスマートフォンへの採用で、サムスンのよりグーグルから距離をとろうとする姿勢が見えてきました。

しかし、アップル独自マップしかり、ユーザーがどれだけグーグルマップから移行してきてくれるのか、それはまた別の問題ですけれど…。

source: Here via The Verge

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(そうこ)