修正版iOS 8.0.1に接続不良とTouch IDのバグ。新iPhoneはまだアプデしないように

修正版iOS 8.0.1に接続不良とTouch IDのバグ。新iPhoneはまだアプデしないように 1

新型iPhoneの人はiOS 8.0.1ダウンロードしないようにね。

HealthKitやサードパーティー製キーボードに悪さするiOS 8のバグに対処する修正版8.0.1が先ほどリリースされましたが、この修正版を入れると電波の接続TouchIDが不能になる不具合があることがわかりました。

ギズ編集部でiPhone 6と6 PlusをiOS 8.0.1をアップデートしてみたところ、どちらも電話会社の電波に繋がらなくなって、「No Service(接続サービスは見当たりません)」との警告が出てしまったのです。さらに、アップデートした途端、TouchIDも使えなくなってしまいました。指紋認証でロック画面を解除する、あれができないんです。

ひとつはベライゾンのiPhone 6、もう片方はAT&TのiPhone 6 Plus。従って6かPlus単独の問題でもないし、キャリアの問題でもありません。

Twitterや米Gizmodoのコメント欄にも同様の報告が相次いでいますよ。総合すると、iPhone 5/5Sは入れても問題ないようです。

問題があることがわかってすぐ、アップルも削除しました。現在アップルにコメントを求めているところなので、新しい情報が入り次第、更新しますね。入れてしまった人、大丈夫そうですか?

(追記by編集部2014/09/25/08:45)

「もういれちゃったよー!」という方は以下の方法でiOS 8に戻すことができます。

1. 最新版のiTunesをインストールしたPCを用意し、ipswdownloader.comにてiOS 8.0のファームウエアをダウンロード。

2.「設定 > iCloud > iPhoneを探す」をオフ

3. iPhoneをケーブルでPCに接続。iTunesの右上あたりにでてくる「iPhone」を選択

4. Macの場合はoptionキー、Windowsの場合はshiftキーを押しながら「アップデートを確認」をクリック

5. ポップアップが出るので、ipswdownloader.comでダウンロードしたファイルを指定

以上です。ファームウエアのダウンロードにちょっと時間がかかるのですが、不具合があるより全然いいですよね。

UPDATE: 修正版8.0.1の修正版8.0.2が緊急リリース

source: verge

Mario Aguilar - Gizmodo US[原文1, 2,3

(satomi)