iOS 8で始まる10の機能を紹介します

140918hiddenfeatures1.jpg

iOS 8ではたくさん機能が改善されましたよ!

ついにダウンロード可能になったiOS 8には、すばらしいアップデートが満載です。そこで読者の方々のiPhoneやiPadライフをより楽しんでもらえるように、iOSのどこが変わったのか、わかりにくいものも含めてご紹介します。


140918hiddenfeatures2.jpg

App Storeのウィッシュリストが使いやすくなりました

App Storeで、ウィッシュリストを使うことはこれまでは稀だったかもしれません。しかし、iOS 8ではウィッシュリストも進化を遂げました。後でダウンロードしようと思ったアプリや、Siriに曲名を訪ねた曲などは、全て保存されます。それだけではありません。iTunes Radioで聞いたり、Music Storeでプレヴューした曲までもが、表示されます。


140918hiddenfeatures3.jpg

カスタマイズがより容易になったメール機能

アップルは常に、同社のメールアプリの改善に努めてきました。もちろんiOS 8でもその成果はみられます。なんとスワイプ1つで、メールを開かずに振り分けられるようになりました。スワイプするだけで、メッセージの削除、未開封、そしてフラグ・操作などができます。また「設定」アイコンから、スワイプの動作内容を変更することもできます。

さらにメニューの中には、関連性のあるメッセージを表示してくれる設定もあり、これを選択するとメッセージがどこにあっても、探してきてくれるようになります。


140918hiddenfeatures4.jpg

アプリごとのバッテリー消費率をチェック

バッテリーの寿命は常にiPhoneユーザの悩みの種となっています。 少しでも電池の持ちを良くできるように、」今回のiOS 8では、どのアプリが電池の消費が多いのか教えてくれるようになっています。「設定」→「一般」→「使用状況」→「バッテリーの使用状況」とタップしていけば、アプリごとの電池の消費量をかくにんできるので、消費電力が多いアプリは、使わない時は消すなどしてみましょう。


140918hiddenfeatures5.jpg

スワイプで通知が消せます

iOS 7で大きく変わった通知センターは、iOS 8でもより使いやすくなったようです。表示されるタブは「今日」と「通知」の2つになり、ウィジェットのカスタマイズもわざわざ「設定」を起動しなくてもすぐできるように。また、今までXアイコンを押して消していた通知を、スワイプするだけで消せるようになりました。


140918hiddenfeatures6.jpg

Safariがよりスマートで安全に

iOS 8ではSafariもより使いやすく進化したようです。プライヴァシーを気にする方にも安心して使えるように、プライヴァシーの保護とユーザ情報を記録しない検索エンジンDuckDuckGoがデフォルトで設定できるようになりました。

また、「デスクトップ用サイトを表示」機能を使えば、モバイルページからの切り替えもできるように。アドレスバーをタップして、画面を下にスワイプしたら、「デスクトップ用サイトを表示する」が見つかります。


140918hiddenfeatures7.jpg

より使いやすくなった「メモ」アプリ

iOS 8のメモアプリでは、アンダーラインを引いたり、写真を付けたりできるようになりました。

カメラは大幅に改善

これまでのiOSとは違い、露出(光の量)も調整できるようになったのが、iOS 8のカメラの特徴です。フォーカスを合わせるようにタップすると、その横に露出を調整できる小さなスライダーバーがあらわれるので、これを使ってちょうどいい光量に合わせられます。

また、タイムラプス作成機能や3秒・10秒タイマーも追加され、よりたくさんの撮影モードを選択できるようになりました。


140918hiddenfeatures9.jpg

天気予報アプリも進化

iOS 7で大幅に変更された天気予報アプリですが、iOS 8ではさらに便利になったようです。まず天気予報のソースがヤフーからWeather Channelに変更されました。(Weather Channelはヤフーの天気予報のソースでした。)

また天気の表示期間が9日先までに増え、1時間ごとの詳細な天気予報も今後24時間分表示されるようになったりと、内容自体も大幅に改善された模様です。また通知センターを開かなくとも、それらを見られるというのもいいですね。


140918hiddenfeatures10.jpg

シェアシートはカスタム可能

iOS 6から登場し、リンクを素早く共有するのに役立っていたシェアシートにも変更が加えられました。iOS 8では、シェアシートをカスタムできるようになったおかげで、よく使うサーヴィスを先に置いたり、全く使わないもの表示しないようにすることもできます。


140918hiddenfeatures11.jpg

ロケーションに応じた、ロック画面通知

MacRumorsが報じたように、iOS 8では、 ロック画面の通知がロケーションによって変わるようです。例えばスターバックスに入店したら、ロック画面の左下(カメラのショートカットの逆)に小さなアイコンが出てきます。それを引き上げることで、すぐさまアプリが起動するので、より簡単にお買い物ができるようになりました。

(この記事は6月14日で米Gizmodoに投稿された記事で、適時更新中です。)

image by Shutterstock/Stokkete

Michael Simon - Gizmodo US[原文

(Tomo)