iOS 8にサードパーティー製キーボードはどうやって追加するの?

140918nios8keyborad.jpg

iOS 8のウリといえばいろいろありますが、標準キーボードとしてサードパーティー製のアプリが利用できることも大きな進歩の一つ。でも、サードパーティー製のキーボードをiOSに追加するには、ストアからインストールするだけじゃダメなんです。ここではその手順を1から丁寧に解説していきたいと思います。

ちなみに、この手順を行う前にストアからキーボードアプリをインストールしておいてくださいね。

140918nioskeyborad1.jpg

まずは設定アプリを起動し、一般(画像ではGeneral)をタップ。

140918nioskeyborad2.jpg

つぎにキーボード(画像ではKeyboard)をタップ。

140918nioskeyborad3.jpg

もう一度キーボード(画像ではKeyboars)をタップして…、

140918nioskeyborad4.jpg

新しいキーボードを追加(画像ではAdd New Keyboard)をタップ

140918nioskeyborad5.jpg

ここで事前にインストールされたサードパーティー製のキーボード(画像ではTouchPalKeyvoard)が選択できるので、タップ。

140918nioskeyborad6.jpg

これでキーボード一覧に新しいキーボードが追加されました。

140918nioskeyborad7.jpg

つぎに新しいキーボードを追加すると、なにやら「アクセスを許可する(画像ではAllow Full Access)」という画面が出てくるので、迷わずこれをオンに。

140918nioskeyborad8.jpg

警告が出ますので、インストールしたキーボードアプリが信頼できる開発元からリリースされていることを十分に確認した上でオンにしましょう。

こうしてみると、ただアプリをお手軽にインストールするだけ、というわけではないようです。キーボードアプリは重要な個人情報に触れることができますからね。これくらいの用心は必要でしょう。

source: AppleInsider

(塚本直樹)