iPhone 6ハンズオン。デカいなりに性能あがってます

iPhone 6ハンズオン。デカいなりに性能あがってます 1

こんなこと言うのもなんですが今そのポケットにあるiPhone 5s、ちっちゃくないですか? 今のスマホの標準から言うとか~なりちっちゃいです。ソニーが出したフラッグシップモデルの小型版、あれよりもま~だちっちゃいんですからね。そろそろ大きくならないと。

というのを見事にかたちにした、iPhone 6

もちろんデカければいいってわけじゃないですよ。モトローラが先日発表した新型Moto Xアップルが今日発表したiPhone 6 Plusも、なんかもうピッツァ運べるぐらいデカくなっちゃって、どうなのよってとこありますからね。でもこの4.7インチのiPhone 6は(因みに前モデルは4インチ)ちょっと使ってみた感じ持ち心地いいし、ちょうどいいサイズアップかなーと。

iPhone 6もって最初に気づくのは「あーこれこれ、これがiPhoneだよね」という感覚です。「あったり前じゃん」って思うかもですが、個人的に他のスマホメーカーさんでそういう感覚になるところは少ない気がします。iPhone 4SからiPhone 5のときもそうだけど、今回もアイデンティティを失わずに進化を遂げた感があります。

まったく変わりばえしないって意味じゃないですよ。違うところもあります! 遠くから見て一番目立つのはこの背中の上と下にあるアンテナのライン。綺麗ってわけでもないけど…。

iPhone 6ハンズオン。デカいなりに性能あがってます 2

こういう「およん?」というのよりプラスの進化の方が多いですよ。まずディスプレイ。これはiPhone 5sの角ばったエッジをやめ、ゆるやかなカーヴを採用しました。面取りバイバイ!

同様にRetina HDも単なるマーケ語以上のものになってきました。いいスクリーンです。燦然と輝くサイトとか画像をスマホで見たい人には最高です。バッテリーもち期待してた人には残念ですが。

でも内蔵チップのA8はサクサクなので、これぐらいのトレードオフは許容範囲。アプリは瞬時に立ち上がり、移動もスムーズです。アップルが発表した前世代との比較ぐらいしか内蔵部品の詳しいことはわからないんだけど、本当に速くなってて、驚き。

他の変更点はありがちだけど、よく考えてますね。電源ボタンは横に移動しました。指思いっきり伸ばしても携帯の一番上より高くは伸びないので、上に置いても意味ないですもんね。

iPhone 6ハンズオン。デカいなりに性能あがってます 3

iPhone 6は死ぬほど軽いです。重量はiPhone 5sより半オンスぐらい重くなってるはずなのに、もっと広い範囲に重さが分散してるので、前より軽く感じるぐらいで。

ただ気になるのは、とても背が高いこと(これはiPhone、前からそう)。対角で4.7インチというと去年のMoto Xと同じなのだけど、iPhone 6は半インチぶん近くも縦に長いんです。個人的な好みの問題だけどポケット入れてどうかなあと。

カメラを試してみたかったのだけど、テントは照明暗いわ、記者同士の肘鉄すごいわで、とても試せる環境じゃない! まあ、同行のSean記者がiPhone 6 Plusのハンズオンで書いてたように、ビューファインダーで明暗がリアルタイムで修正できる機能とかなかなかイイし、これは期待できそうですね。

ソフトウェアは満足ゆくまで試せなかったので、追ってフルレヴューを。発表をひとことでまとめると…ですか? iPhone、大きくなっただけじゃない、ずっと良くなってるよってことで。

Brian Barrett - Gizmodo US[原文

(satomi)