ロシアからiPhone 6の最新リークが届いています

140902iphone6latestleak-06.JPG

う、美しい…。

ロシアのYouTubeユーザRozetkedさんが、最新のiPhone 6リーク動画を公開しています。

4.7インチiPhone 6のボディだけでなく、モックアップやフェイクではない証拠として内部パーツも撮影してあり、一部ではこれまでのリーク動画で一番本物に近いのではともいわれています。

140902iphone6latestleak-02.JPG

左がリークされたiPhone 6、右が現行最新モデルのiPhone 5s。4.7インチということでボディが一回りほど大きくなっているのと、背面デザインがツートンカラーからモノトーンになっていることが分かります。カラーはiPhone5sのスペースグレイと同じようですね。

カメラのフラッシュも縦長の楕円から円形に’変更されています。

140902iphone6latestleak-03.JPG

側面からのボディを見ると、角がとれてとても柔らかい印象を受けますね。美しいです。また厚みも薄くなっているのですが、よく見るとその弊害にカメラが若干飛び出していることがうかがえます。側部に配置されたボタンは縦長のデザインに変更されていて、押しやすくなっているかもしれません。

140902iphone6latestleak-01.JPG

140902leak6.jpg

背面のアップルロゴははめ込みの模様。ボディにはLiquid Metalと呼ばれるサビに強い素材が使われているそうです。MacBook Airのユニボディとは違いこちらは分解できるようになっているのですね。

140902iphone6latestleak-05.JPG

140902iphone6latestleak-04.JPG

内部パーツの様子。これまでリークされてきたようなA8チップやNFCモジュールも見つかっています。

140902leak6-02.jpg

最後にディスプレイに関してですが、今回は残念ながらサファイアガラスではなく別のガラス素材が使われているとのこと。やはりサファイアガラスは費用の面で実用にはまだ少しハードルが高かったのでしょうか。動画中では、サファイアガラスと他のガラス素材のサンドになっているかもしれないとコメントされていました。これは気になりますね。

そのほか、動画内ではセンサーエリアが広くなりTouch IDが快適になっていることや、SIMカードも変わらずナノSIMであることなどが言及されていました。またライトニングケーブルのコネクタは変わらず存在していることも確認されています。とすると、ワイヤレスチャージは…いや、まだそれは分かりませんね。

とても美しいiPhone 6のリーク映像。動画内でもいわれていましたが、全体的にiPod touchを大きくしたような印象もありました。日本時間9月10日のイヴェント当日までまだまだリーク動画が出てくるかもしれませんが、現時点ではかなり信憑性の高い情報だったのではないでしょうか。

もし本当にこの動画に近いiPhone 6が発表されたら、かなり魅力的です。

source: THE VERGE

(今野愛菜)