iPhone 6について、知っておくべきことすべて

2014.09.10 02:45
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

140910_iphone6all0.jpg


ついに!

iPhone 6、発表されました。アルミニウム製で、サイズはふたつあります。小さい方は4.7インチでiPhone 6、大きい方は5.5インチのiPhone 6 Plusとなります。使い方や手の大きさ次第で、これは夢のスマートフォンとなるかもしれません。


デザイン


iPhone 6は期待を裏切らない美しさです。iPhone 5/5sよりも丸みを帯びていて、従来のiPhoneよりはるかに薄く、厚さ6.9mmしかありません! iPhone 5はアルマイトとガラスパネルの組み合わせでしたが、iPhone 6はすべてアルマイトのケースとなり、イオン強化ガラスは前面をくるむようにカーヴしています。今までiPhone 6にはサファイアガラス搭載とさんざん喧伝されてきましたが、今回の発表では何も言及されてないので、iPhone 6には搭載されなかったと思ってよさそうです。

全体的にiPhone 6のデザインはiPad AirやiPad Miniの流れをくむものになっていて、iPad同様にアップルロゴが背面のケースに埋め込まれているのもポイントです。ロックボタンは画面上部からサイドに移動し、サイズが大きくなっても手が届く位置です。


140910_iphone6all2.jpg


スクリーン


新iPhoneには「Retina HD」とよばれる新世代ディスプレイが搭載されてます。これは4.7インチのスクリーンに38%多いピクセルが詰め込まれているということで、より美しい画像が楽しめそうです。また偏光子が改良され、バックライトが超薄になりました。


140910_iphone6all1.jpg


NFC&Apple Pay


ついにiPhoneにもNFCが搭載されました。この数年アップルはNFCを避け続けてきましたが、ようやくですね。NFCに対応するだけじゃなく、決済プログラム「Apple Pay」もローンチされます。


140910_iphone6all4.jpg


Apple Payはお財布の代わりになるプラットフォームで、認証はTouch IDで行われます。Passbookアプリとも連携し、クレジット/デビットカードの履歴管理もできます。すでにiTunesストアに登録しているカードが使えます。新しいカードを追加しても、アップル側ではカード番号を保存せず、デヴァイス固有のIDを生成します。アップルがユーザーの購買情報を参照したり、保存したりすることもありません。iPhoneをなくした場合が心配ですが、Find My iPhoneを使ってApple Payを無効にすればOKです。


140910_iphone6all5.jpg


でも、Apple Payは小売用だけじゃありません。UberやOpen Tableといったアプリに統合することも可能で、そうすればワンタッチの購入ができます。iPhone 6にはApple Payが最初から入っていますが、iOS 8へのアップグレードでも入手できます。


内部パーツ


予想通り、新iPhoneにはA8チップが搭載されます。アップルいわく、A7チップより全体的な処理は25%、グラフィックスは50%高速になります。モーションコプロセッサのM8もアップグレードされ、加速度計としての役割を果たしつつ距離や登った回数の測定も可能になります。また環境データを収集する気圧計も搭載されます。


140910_iphone6all6.jpg


他にはLTEモデム改善され、スマートフォンで最多となる最大20のLTE帯をサポートします。上り下りの速度も改善されます。VoLTEにも対応し、LTE経由での音声通話が可能になります。Wi-Fiは802.11ac対応となり、従来の3倍の速度になります。


140910_iphone6all7.jpg


バッテリライフも気になるところですが、従来と同等以上となるはずです。3G通話では14時間持つとされています。


カメラ


カメラもお約束通りアップグレードされています。800万画素のiSightカメラには次世代センサーが搭載され、「Focus Pixels」とよばれる位相差検知技術でオートフォーカスがより簡単になります。また4300万画素もの大パノラマ写真も撮れます。


140910_iphone6all8.jpg


デジタル手ぶれ補正機能も搭載されました(ちなみにiPhone 6 Plusのレンズは上下左右に動くので、光学手ぶれ補正)。動画は1080pで、30FPSまたは60FPSで撮影可能。120FPSまたは240FPSでのスローモーション動画も撮れます。

前面カメラ、いわゆるFaceTime HDも口径が変わって、取り込める光が80%増加しています。前面カメラでバースト撮影もでき、1スワイプでセルフィーをたくさん撮れるようになります。


価格

iPhone 6の国内価格は16GBモデルが6万7,800円、64GBモデルが7万9,800円、128GBモデルが8万9,800円となります。発売はiPhone 6・iPhone 6 Plusともに9月19日(金)、予約開始は12日(金)となります。


140910_iphone6all9.jpg


Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文
(miho)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア