iPhone 6とその他最新スマートフォンとのカメラ徹底比較レビュー:iPhone 6はバランスが良い優れたカメラ

iPhone 6とその他最新スマートフォンとのカメラ徹底比較レビュー:iPhone 6はバランスが良い優れたカメラ 1

iPhone 6と最新の競合スマートフォンのカメラの徹底比較を米ギズモードがレビューしています。

iPhone 6、サムスン Galaxy S5、HTC Pne M8、Moto X 2014 edition、さらにiPhone 5sとLumia 1020を加えてそれぞれの項目で撮影した写真の画質を並べて比較。この中にiPhone 6 Plusが入っていないのは、iPhone 6と(光学手ぶれ補正以外は)性能に大差無かったためです。iPhone 6 Plusは手ぶれ補正の比較には登場しますが、それ以外は「iPhone 6」との比較で確認してくださいね。

全く同じ条件でそれぞれの項目で写真を撮影し、できるだけ正確に比較できるように画像を並べています。特定の環境では特定機種のカメラが思いがけず良い結果になる場合もあります。ですので、あなたの個人的な経験と見解とは若干異なったとしても驚かないでくださいね。

このテストの評価には、カメラのユーザーインターフェースやフィルターのオプション、その他主観的な諸々の要素は含みません。画質、そしてフォーカススピードに絞って比較しています。

※HTC One M8の画像について注意点として、4:3モードで視野角をかなりクロップされています。そのためサンプル画像は少し異なって見えるかもしれませんが画質には影響ありません。

全てのサンプル画像は米ギズモードのFlickrから参照できます。

ディテール、細部の解像感

画質については、様々な要因が影響しますが、最も重要な物のひとつとして、画像の細部の解像感です。カメラがどれだけ細部を捉えることができるかどうかを比較。画像を拡大し、明瞭さ、ボケてないか、そしてノイズでていないかどうかを確認します。

iPhone 6とその他最新スマートフォンとのカメラ徹底比較レビュー:iPhone 6はバランスが良い優れたカメラ 2

拡大画像

端から端までクリア、38メガピクセルセンサーを搭載、RAWファイルでも保存可能なLumia 1020に軍配が上がりました。

解像度が全てではありませんし、イメージの中にピクセルをぎゅっとたくさん詰め込むことができても圧縮による画像の乱れやノイズなどが出たりするという欠陥も見なくてはいけません。

Lumiaはさて置き、そして露骨に劣っているHTC One M8もさて置き、その他の機種はクオリティは全部似たり寄ったりですね。Moto XとGalaxy S5が若干優れているかな?といったところ。

ワールドトレードセンターの縦のスリット線の明瞭さを比較するなら、Moto XとGalaxy S5はiPhone 5S、iPhone 6よりはっきりしているような気がしますが…まあ、ほぼ同等だと思います。

勝者:Lumia 1020

次点:Moto X

全体的な色調

それぞれのカメラが、どのくらい美しく風景を撮れるかどうか確認します。シャドウのディテールを殺していないか、トーンレンジのバランスはどうか、のっぺりせず立体的に表現できているかどうか。実際に肉眼で見えている風景と色調はマッチしているかどうか、色かぶりが無いかどうかを確認しました。

iPhone 6とその他最新スマートフォンとのカメラ徹底比較レビュー:iPhone 6はバランスが良い優れたカメラ 3

拡大画像

Moto X、HTC One M8、 Galaxy S5は画像の暗い部分で色が潰れてしまっています。ビルかどうか判別するのが難しいくらい。iPhoneのローカルコントラストは中々良い感じ、Lumiaも同等ですね。写真のレンガの色を他の機種と確認してみても、iPhone 6と5Sは黄色すぎず青すぎず、最も色バランスが良いと思います。

iPhone 6とその他最新スマートフォンとのカメラ徹底比較レビュー:iPhone 6はバランスが良い優れたカメラ 4

iPhone 6で撮影した画像

勝者:iPhone 6/5S

次点:Lumia 1020

ローライト

暗所での撮影は小さいセンサーのスマートフォンのカメラ同士だと、目立った良し悪しの結果を出しづらい項目ではあります。ですがスマートフォンのカメラの性能の良し悪しは、暗くて明かりが少ない環境で撮影した時に顕著になるのもまた事実。非常に暗い環境下でビール瓶を撮影してみました。

ノイズがどのくらい出てしまうか、それを、それぞれのスマートフォンがどう処理するかが比較のしどころです。強引なノイズリダクション処理を行うようなカメラのプロセッサーは、大体ひどくなるようですね。

iPhone 6とその他最新スマートフォンとのカメラ徹底比較レビュー:iPhone 6はバランスが良い優れたカメラ 5

拡大画像

RAW形式でノイズリダクション無しで記録できるLumiaは、この項目でも他の競合製品を圧倒しています。

次にiPhone 6。iPhone 5Sより明らかに改善されていることがわかります(実際のところ、この項目だけが新しいiPhoneと前世代のiPhoneとで大きく違いが現れたところでもありますが…)。

ボトルのバーコードラベルの数字を見てみても、他のスマーフォンのカメラより明瞭で明るいですね。HTC One M8も全体的な明るさで見ると良い勝負ですが、細部は不明瞭です。Moto Xはすこぶる暗く、Galaxy S5は濁った感じです。

iPhone 6とその他最新スマートフォンとのカメラ徹底比較レビュー:iPhone 6はバランスが良い優れたカメラ 6

Lumia 1020で撮影した画像

勝者: Lumia 1020

次点:iPhone 6

フラッシュ

フラッシュなんて極力使いたくないけれど、最後の手段として、場合によって利用を避けられないもの。フラッシュを用いることでどれだけ写真を良く写してくれるか、また肌のトーンをどれだけ美しく写せるかが、最も重要なポイントです。

iPhone 6とその他最新スマートフォンとのカメラ徹底比較レビュー:iPhone 6はバランスが良い優れたカメラ 7

拡大画像

Moto Xだけが唯一アシュリー(米ギズの女性ライター)の顔を黄ばませています。他のカメラは良く写せていますが、肌のトーンはHTC One M8がきれいなピンク色になっていて、一番良く写せているように思います。このテストにおいてはトーンの色などは好みが分かれそうではありますが、Lumiaは暖かいトーンで良い感じ。Galaxy S5も悪くありませんが、パープルがかってますね。

勝者:HTC One M8

次点: Lumia 1020

オートフォーカス

ここぞという時にピントが合わずに大切な瞬間を逃すことほどイラッとするものはありません。カメラメーカーに限らず、スマートフォンメーカーもオートフォーカスの速度をウリにするのが大好き、アップルのiPhone 6も例外ではありません。iPhone 6にはカメラセンサーに位相差検出オートフォーカスを搭載、オートフォーカスの速度と精度をアップさせてきました。

テストでは、カメラのフォーカスが合わせづらい暗所で再び撮影、それぞれの機種のディスプレイの動きを動画撮影しました。

このテスト撮影では、全体的に各機種ごとに大きな差異はありませんでした。ほとんどの機種で1秒〜1.5秒程度でフォーカスが定まり、いくつかの機種はそれより若干早いものも。

iPhone 6、iPhone 5Sは大体1.5秒でフォーカスされます。

Galaxy S5は一貫してスピーディーで、大体1.25秒でフォーカスされますが、実際の利用シーンではあまり気づかない差だと思います。HTC One M8は1.7秒と一番遅かったですが、(しつこいですが)実感レベルではあまりわからないと思います。

勝者:サムスン Galaxy S5(僅差で)

次点:Moto X(これもまた僅差ですが)

HDR

HDR(ハイダイナミックレンジ)撮影モードは、明暗ある風景、コントラストがある風景で力を発揮します。最も重要な機能というわけではありませんが、昨今では普及してきて認知度も上がってきた機能のうちのひとつだと思います。自然でCGっぽい仕上がりにならなくて、ちゃんと明暗ある風景を捉えられているかが評価ポイントです。

iPhone 6とその他最新スマートフォンとのカメラ徹底比較レビュー:iPhone 6はバランスが良い優れたカメラ 8
iPhone 6

iPhone 6とその他最新スマートフォンとのカメラ徹底比較レビュー:iPhone 6はバランスが良い優れたカメラ 9
iPhone 5S

iPhone 6とその他最新スマートフォンとのカメラ徹底比較レビュー:iPhone 6はバランスが良い優れたカメラ 10
Galaxy S5

iPhone 6とその他最新スマートフォンとのカメラ徹底比較レビュー:iPhone 6はバランスが良い優れたカメラ 11
Moto X

iPhone 6とその他最新スマートフォンとのカメラ徹底比較レビュー:iPhone 6はバランスが良い優れたカメラ 12
HTC One M8

Luminaには純正のHDRモードが無いため、この項目では対象外としました。Moto Xはちょっとケバい感じですが、HTC One M8は若干色味が失われています。iPhoneは総じて良い仕事をしていますね。Galaxy S5はケバくなりすぎず、程よくポップに仕上がっていますね。

勝者:サムスン Galaxy S5

次点:iPhone 6/5s

手ぶれ補正

iPhone 6と同じカメラのはずなのに、6 Plusにだけに搭載された特別な機能、それは光学手ぶれ補正。レンズに組み込んだ補正レンズがブレを直して、シャープでクリアーな写真に仕上げてくれます。

他に光学手ぶれ補正機能を搭載しているのはLumia 1020のみなので、iPhone 6、iPhone 6Plus、Lumia 1020で比較をしてみました。

階段を下りながら何枚かテスト撮影してみます。やはりiPhone 6 とiPhone 6Plusの違いは明確で、さすが光学手ぶれ補正が効いています。Lumiaはイマイチですね。

iPhone 6とその他最新スマートフォンとのカメラ徹底比較レビュー:iPhone 6はバランスが良い優れたカメラ 13

iPhone 6とその他最新スマートフォンとのカメラ徹底比較レビュー:iPhone 6はバランスが良い優れたカメラ 14

ただし、このテストは厳密でもなければ科学的でもありません。カメラのシャッタースピードはそれぞれ異なっているでしょう。それでもこの手ブレが激しい状況下でのiPhone 6 Plusのクリアさは特筆すべきものがありますね!

総じて

やはりそれぞれのカメラには強みもあれば弱みもあって一長一短です。カメラありきでスマートフォンを選ぶなら、「普段は何を撮影したいか」によって選択肢を絞っていくことが求められます。撮影したいのは、風景なのか、子どもなのか、パーティーなのか、食べ物なのか?などなど。

このテスト結果においては、Lumia 1020のカメラがベストです。隅々まで表現する解像感、暗所での撮影にも強く、フラッシュの性能も抜群。でもスマートフォン業界ではまだまだメジャーではないWindows Phoneですけど。

それ以外では、自然な色味で暗所での撮影にも強いものであれば、iPhone 6(とiPhone 6 Plus)が勝ります。5Sよりカメラの性能が良くなっているのは驚くものではありませんが、暗い場所でもより明るくシャープに撮影できるようになったのは嬉しいですね。iPhone 6のカメラは一番バランスが良いのではないでしょうか

動画撮影の性能についてはまた別途。以下の米ギズモードのFlickrセットより、それぞれのスマートフォンのカメラで撮影した写真を実寸で確認することができます。

iPhone 5s

iPhone 6

Motorola Moto X 2014

Samsung Galaxy S5

HTC One M8

Michael Hession - Gizmodo US[原文
(mayumine)