曲がる騒動のiPhone 6 Plus、上空2.1キロの落下テストには耐える

手でギュっとやるレベルの話ではないけれど。

新製品が出る度にあちこちで行なわれる落下テスト。今回は、大きくなったiPhoneに相応しい、大スケールの落下テストがありました。RatedRRが実行したのは、飛行機からウィングスーツでジャンプし、上空7,000フィート(約2.1キロメートル)からiPhone 6 Plusを落とすというとんでもないテストです。落下させた後は、Find My iPhone機能で探しました。さて、iPhone 6 Plusはどうなってしまったのか…。

動画でジャンプする様子は1:00あたり。結果、もちろん画面がバッキバキに割れてしまっていますが、動いています。わーい、耐えたぞ! 気になる曲がる問題ですが、手でギュっとやった時よりも曲がっていないという皮肉な結果になっています。世の中とはむずかしいものだ。

Robert Sorokanich - Gizmodo US[原文

(そうこ)