iPhone 6 Plus 速攻ハンズオン:「これはデカい」

2014.09.10 07:52
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20140910_iphone6plusbig01.jpg


ついにアップルから、5.5インチのパワフルスマートフォンiPhone 6 Plusが登場です。クパチーノのフルーツのロゴの会社が発表したこれまでの中で一番大きい携帯電話をさっそく触ってみたので簡単なハンズオンをお届けします。

とりあえず、なんていうか、デカいです。今までのiPhoneに慣れきった手には巨大に感じつつ、びっくりするくらい薄くてとても堅実な感じ。でも手にはギリギリフィットしないのですよ。自分の指が、新しいiPhone 6 Plusを掴むのに苦労している様子が上の写真からわかると思います。(アメリカ人男性の手にも大きいのですね…。)

滑らかさと美しい機械的な金属のエッジの曲線はiPod TouchやiPad miniのよう。でも正直、今アップルのテントの中で触っているこの大きいiPhoneを、手からするっと落として壊してしまいやしないかハラハラしました(今は「Ion-strengthened」ガラスのテストをするべきではない)。それでもiPhone 6 Plusは6オンス(172グラム)の重さなのは驚きです。


20140910_iphone6plusbig02.jpg


ありがたいことにiPhone 6 Plusは横画面表示に対応した最初のiPhoneで、いつも片手で持たなくても良いようにできています。自分のカメラを下に置いて、両手で持って、親指で文字入力などを試してみましたが、これがまた中々快適でまるでミニチュアタブレットのようです。5.5インチの横幅に7.1ミリの厚さは、両手で持って親指でキーをタイプするのに完璧なサイズだと思いましたよ。


20140910_iphone6plusbig03.jpg


片手で使おうとする場合のために、アップルはスマートなソリューションを提供してくれました。タッチIDセンサーをダブルタップすると(押さないのがコツ、慣れるのちょっと大変でした)、表示エリアが下にスライドし、画面上部のスクリーントップが手元に近づいてきます。ホームスクリーンから上半分に表示スクリーン、全部のアイコンが収まり、親指で全てにアクセスできます。動画がないのですが、こんな感じ。


ビフォー。
20140910_iphone6plusbig04.jpg


アフター。
20140910_iphone6plusbig05.jpg


少し触っただけだと、今のところノーマルなiPhone 6の方が好みだと感じました。5.5インチの 6 Plusを触ったあとに、4.7インチのiPhone 6を持つと手にフィットして安心感があるんですよね…。普段は4.7インチのMoto Xを使っているからこのサイズに慣れているというのもありますけど。


さらに1920 x 1080ピクセル解像度のスクリーンは、昨今の競合各社のハイエンドスマートフォンに引けをとりません。念のため解像度オタクのために、キヤノンのマクロレンズで撮影したスクリーン画面(ちょっと暗いですが)の写真を貼っておきます(ここまで顔をスクリーンに近づけて見るようなことは実際には無さそうですが)。


20140910_iphone6plusbig06.jpg


一方カメラも大切な要素です。アップルのテントの中では他の競合各社のスマートフォンのカメラとじっくり比較撮影することはできませんが、それでもそのパワフルさは一目瞭然でした。部屋の中をスキャニングして、ライブビューファインダーでリアルタイムでHDRプロセシングしている姿を見るのは感動的でしたね。

アップルが提供するサンプル画像やパノラマ画像、そして動画のクオリティは目を疑うほどに素晴らしくて、実際にサンプル画像の場所まで旅して自分自身でiPhoneで撮影してみるまで信じたくないほど。そして簡単に動画を(意図的に)手ブレさせながら撮影してみましたが、光学手ぶれ補正機構でそこそこ改善されていました。


20140910_iphone6plusbig07.jpg


新しいカメラの実際の実力は何であれ、iPhone 6 Plusのバックについた光学式手ぶれ補正機能のレンズはとても目立ちます。


20140910_iphone6plusbig08.jpg


そしてApple Payはこんな感じ。


20140910_iphone6plusbig09.jpg


これは新しいiPhone兄弟を並べてみたの図。


20140910_iphone6plusbig10.jpg


以上、アップルの発表会場からのハンズオンレビューは以上です。この5.5インチのファブレットはもっとしっかりテストしてフルレビューする予定です!


Sean Hollister - Gizmodo US[原文
(mayumine)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア