iPhone 6に搭載のA8チップは初代iPhoneに比べ50倍の速さ

e56638683d84f56eec89e2c5993d949f8b212d00_xlarge.jpg

iPhone 6とiPhone 6 Plusに内蔵されているチップは、Apple A8チップ。20nmに20億のトランジスタ(A7の2倍)。

またA7と比較すると、13%小型化しており、25%高速化、グラフィックは50%性能アップしています。

なんと初代iPhoneのCPUと比べると50倍の速さ。わずか数年で50倍です。さらに驚くべきは、A7チップよりもエネルギー消費も50 %カットしているとのこと。バッテリーの持ちに期待ができますね。

source: アップル

(照沼健太)